トルティーヤの賞味期限・消費期限・日持ちについて

トルティーヤって言ったら何を示すのか日本では割と曖昧です・・・

それは、「トルティーヤ」と「ブリトー」の違いが曖昧だからです。

実は、しっかりと違いがあるのです。

そこから押さえておき、トルティーヤの賞味期限などについてお知らせします。

スポンサードリンク






「トルティーヤ」と「ブリトー」と「タコス」の違いについてはこちらにまとめています。

⇒ 【衝撃】ブリトーとトルティーヤとタコスは違うものだった件

 

簡単に言うと、小麦粉やトウモロコシの生地を焼いて、薄いパン状したものを「トルティーヤ」と呼びます。

そこに具材を巻いたりすると、「ブリトー」とか「タコス」とかと呼びます。

トルティーヤ

 

賞味期限

トルティーヤの賞味期限ですが、冷蔵の物は3~4日です。

冷凍して販売している物がるのですが、その場合は1年くらいです。

手作りの場合は、基本的に保存に向いていませんので、作ったらできるだけ早く食べてしまいましょう。

保存する必要がある時は冷凍しましょう。

消費期限

トルティーヤの場合、手作りのものは製造後急激に劣化します。

概ね5日以内に食べられなくなるものは「消費期限」が付けられます。

そのため、トルティーヤの場合「賞味期限=消費期限」と言えます。

トルティーヤの消費期限は、3日~4日と言えます。

 

冷凍して保存されたトルティーヤの場合、賞味期限が1年程度あるものがあるので、消費期限はその1.3倍から1.5倍と言えます。

そう考えると、15か月~18か月となります。

これは表示されている賞味期限が切れてから、3か月~6か月程度と言えます。

これはあくまで目安なので、物を見て消費者の方で判断して食べてください。

ブリトートは

常温保存できるか

トルティーヤは常温保存には向きません。

焼いたら出来るだけ早く食べるようにしましょう。

保存する場合は、冷凍しましょう。

冷蔵保存の場合

トルティーヤは冷蔵保存に向きません。

小麦粉が原料の場合は、焼くと柔らかくておいしくなる一方で、冷蔵して冷やすと固くなって美味しくなくなってきます。

ソフトタコス

冷凍保存の場合

トルティーヤは冷凍保存可能です。

保存する際は、冷蔵するくらいならば冷凍しましょう。

冷凍すれば約1か月程度日持ちします。





スポンサーリンク



賞味期限を過ぎたらどうなるか

賞味期限切れの場合は問題なく食べることが出来ます。
「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

消費期限を過ぎたらどうなるか

トルティーヤは消費期限を過ぎて劣化してくると以下の様になります。

消費者が見て判断して、まだ食べられるか、もう食べられないかを判断する必要があります。

 

  • 固くなってしまっている
  • 色が分かっている(黒ずんでいる)
  • 水分が出てぬるぬるしている
  • 糸を引いている
  • 酸っぱい臭いがする味がおかしい

 

 

おいしく食べるには

おいしく食べるには、焼いたら出来るだけ早く食べるようにしましょう。

中の具は肉、野菜、豆、ソーセージ、チーズなど色々です。

カレーやサラダなど色々な種類が楽しめます。

日本では、トルティーヤとブリトーは同じ意味だったりします。

まとめ

トルティーヤの消費期限は、3日~4日。

冷蔵すると固くなってしまい、おいしくなくなってしまいます。

保存が必要な時は冷凍しましょう。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ