アセロラの賞味期限・消費期限・日持ちについて

アセロラと言えば、果実はあまり見かけませんよね。

アセロラと言えばジュースが多いですが、レモンの10倍から30倍のビタミンがあると言われています。

強烈な抗酸化力です。

そんなアセロラについて調べてみましたので、お知らせします。

スポンサードリンク






この記事も注目されています♪


アセロラとは

西インド諸島、南アメリカ北部から中央アメリカが原産とされる常緑低木になる実です。

サクランボに似た鮮やかな赤色の果皮の果実を食べます。

果実にはビタミンが豊富で、ビタミンの多さでは果物No1とも言われています。

そのため、清涼飲料水やゼリー、ジャムなどに加工されます。

 

アセロラの果実

日本では、1958年に沖縄に持ち込まれ、沖縄で育てられています。

アセロラは果実なので、生で食べることができるのですが、収穫後比較的すぐに表面の薄い皮が痛んできます。

そのため、店頭で見かけることはほぼありません。

アセロラの栄養

アセロラの栄養素は以下です。など、食べられる部分100gに対してです。

  • ビタミンC(1700mg)
  • ※甘味種はビタミンC(800mg)
  • 葉酸(45mcg)
  • カリウム(130mg)
  • βカロテン当量(370mcg)

以下の様な効果が期待されています。

  • 風邪予防
  • 美肌効果
  • がん予防
  • 貧血予防
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化予防
  • 脳梗塞予防
  • 心筋梗塞予防

 

 

賞味期限

アセロラの賞味期限は収穫後数時間と言うところです。

表面の薄皮が痛んできます。
アセロラの薄皮は傷みやすい

消費期限

 アセロラの消費期限は、約2~3日と言えます。

表面の薄皮はすぐに傷んできます。
その時は、傷んだ部分をそぎ落として食べてください。

それでもそんなに日持ちしないので、1日程度だとお考えください。





スポンサーリンク



常温保存できるか

アセロラは常温保存には適していません。

表面の薄皮がすぐに劣化してしまいます。

熟したものはすぐに食べてしまうのがおすすめです。

アセロラのジュース

冷蔵保存の場合

アセロラは冷蔵保存してもそんなに日持ちしません。

薄皮がすぐに傷んでしまうので、熟したものはすぐに食べるのがおすすめです。

アセロラの育成

冷凍保存の場合

アセロラは冷凍可能です。

熟したものはすぐに食べたほうが良いのですが、食べきれない場合は冷凍してください。

冷凍の際は、事前に良く水洗いしてから冷凍してください。

賞味期限を過ぎたらどうなるか

賞味期限切れの場合は問題なく食べることが出来ます。
「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

アセロラは生鮮食品なので、賞味期限はありません。

消費期限を過ぎたらどうなるか

消費期限が過ぎると以下のようになってしまいます。

その場合は食べられなくなってしまうので注意が必要です。

 

  • 表面の皮が黒くなってしまっている
  • 実の部分が腐ってしまっている
  • 水分が出てしまっている
  • カビが生えている
  • 糸を引いている

 

おいしく食べるには

アセロラをおいしく食べるには、熟したものを出来るだけ早く食べるのがおいしく食べられる方法です。

薄皮の色が悪くなってきてしまいますので、その前に食べるとおいしいです。

新鮮なアセロラは少し酸っぱみのあるみずみずしい味がします。

アセロラはジュースで飲むのが一般的

まとめ

アセロラは悪くなりやすいので、店頭で見ることはほとんどない。

アセロラの賞味期限は数時間。

アセロラの消費期限は2日~3日程度。

もっぱら沖縄で栽培されていて、ジュースやゼリーに加工されたものが身近にある。

ビタミンなどが非常に多いため健康食品としても人気。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ