2700円以上の野菜を980円(送料込)で手に入れる方法

野菜って時期によってはすごく高いです。

安い時期でも安心して食べられる野菜ってなかなか手に入りませんよね。

 

ちなみに、有機野菜と無農薬野菜だったらどちらが安心だと思いますか?

なんとなく「無農薬野菜」の方が農薬を使っていないからよさそうです。

ところが・・・

ヘタな無農薬野菜は、農薬とすら認定されない危険な薬を使っている可能性もあるというのです!

気になりますねどういうことでしょうか!?

スポンサードリンク






野菜の賞味期限と保存方法

 

もしかしたら恐ろしい!?無農薬野菜

そもそも「農薬」とは、国が認めた薬品です。

色々な意見はあるでしょうが、一応安全と認められたものです。

ところが、農薬は高いです。そこで、未認可の薬を使うことがあるというのです。

無農薬は危険!?

日本で本当にそんなことがあるのでしょうか!?

未認可の薬は「農薬」ではありませんだから無農薬なんです。

安全性も危険性も確認されていない薬・・・そんなものが使われた野菜なんて食べたくないですよね。

 

⇒ 有機野菜と無農薬野菜の違いが圧倒的すぎる件

 

有機野菜は厳しい基準の下作られる

「有機野菜」と書かれているものは、農林水産省で決められた「有機JAS規格」に基づいて作られた野菜だけです。

 

単年作物(ほうれん草など)では2年以上農薬や化学肥料を使用していない
永年作物(たまねぎなど)では3年以上農薬などを使っていない

 

ちょっと農薬を使っていないだけではダメだということです。

畑に残留している農薬などもなくなった状態で作られた野菜・・・その厳しい基準の下に作られた野菜だけが有機野菜を名乗ることができるのです。

 

有機野菜は野菜のエリート

 

有機野菜はスーパーには意外と売っていない

安全な有機野菜を手に入れようと思ってみても近所のスーパーにはほとんど売っていません。

本当に残念ですが・・・

 

その理由は「一般流通の野菜に比べて高いから」です。

安全な野菜は一つの魅力ですが、財布と相談したら安い野菜の方が需要が高いのが現状です。

 

有機野菜は手に入りにくい

 

「有機野菜を手に入れたい」

 

と思ったら、一番簡単なのは通販です。

とは言え、通販って物が見えません。

食べてみて一般の野菜と違いが判らない場合は、なんだか損した気分です。

 

お試しとして、

一般の野菜よりも安い値段で、

安全な有機野菜が試せるとしたら

どうですか!?

 

 

その野菜たちはこれです!

 

手に入る有機野菜

 

特別な野菜ではなく、普段使いできる野菜なのであればいつもの料理に使えます。

だからこそ、味の差を試すことができます。

 

こんなレタスも作れます

 

それっていくら!?

野菜は2,000円以上、あと送料が1,728円だそうです(汗

ちょっと高め!?

送料は高め!?

 

まあ、これだけの量を送るとしたらそれくらいするのかもしれません。

 

手に入る有機野菜

 

ところが、お試しができるので、送料まで込みで980円!!

送料込みで980円

 

もう、試さない理由がなかったので、さっそく注文してみました♪

 

有機野菜が980円

 

なんか、ゲーム的なやつでクーポンももらえるみたいです。

 クーポンがもらえる

 

500円分のクーポンももらえるそうです。

正直、クーポンはあんまり興味ないかも(^^;

 

有機野菜って、素人が食べてもわかるほどおいしいです。

甘い!

わからないとしたら、それはそんなにいい野菜じゃないのかもしれません。

 

これはかなり良いですから、一度試してみたらわかってもらえると思います。


次回届いたときに野菜の写真もアップ予定♪

いんげんは胡麻和えにする予定。

ニンジンはすごく甘いので、野菜スティックかも。

 

実際に野菜が届きました!

⇒ 【ガチレビュー】980円で大量の有機野菜が届いた!

 

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ