【スイカのカット】カットスイカと一口スイカ買う時はどちらを選ぶべきか

カットスイカと一口スイカ、スーパーではどちらも売られています。

それぞれの良いところ、悪いところを知って、ベストチョイスでスイカを買う方法をお知らせします。

 

スポンサーリンク





 

一般的なイメージと人気のカットスイカ

一般的にスイカと言えば、丸いままか、カットスイカが人気です。

カットスイカとはこんな状態を言います。

カットスイカとは

 

1/4とか、1/8とか、そのくらいの大きさにカットされています。

 

一般的には、1個買うと高いので、カットされている分安くなったスイカと言うイメージかもしれません。

しかし、ほとんどのスイカは大きくて冷蔵庫に入りません。

結局カットして冷蔵庫に入れるので、最初からカットされていれば便利です。

 

ちなみに、一口スイカとは、こんな状態を言います。

一口スイカの状態

爪楊枝かフォークがあればすぐに食べることができる状態です。

 

カットスイカの特徴

カットスイカと特徴としては、持って帰りやすいです。

丸々1個のスイカに比べて比較的小さいです。

カットスイカの特徴

 

食べやすいし、「いかにもスイカ」って感じがとてもいい!

 

一つ残念なことを言うとしたら、食べているときに、頬張ると頬にスイカが付くことくらいでしょうか。

 

丸々1個と違って、甘さが分かっているので、安心感が高いです。

はずれが少ないです。

 

一口スイカの特徴

一口スイカの特徴としては、「とても食べやすい」と言うものがあります。

一口スイカの状態

 

カットスイカとして、熟れすぎたのでカットスイカにしたという考え方もありますが、逆を言えば食べごろなのです。

「今食べる」とか、「すぐ食べる」とか、こう言ったときは、すぐに食べられる一口スイカが適しているのです。

 

丸々1個と違って、甘さが分かっているので、安心感が高いです。

はずれが少ないです。

 

どちらのスイカを選ぶべきか

カットスイカと一口スイカとでは、どちらを選ぶべきか。

それは、「スイカをいつ食べるか」によります。

 

数日以内に食べる場合は、「カットスイカ」が良いでしょう。

カットスイカとは

甘さも「10度」とか、「11度」とか、甘さが表示されています。

既にカットしていて、糖度計で甘さが計ってあるので分かっています。

 

スイカだと、12度とか、甘いもので13度くらいのものまであります。

 

 

今日食べることが決まっている場合は、「一口スイカ」が適しています。

一口スイカの状態

パックを開けるとすぐに食べられるのも利点です。

 

こちらもカットスイカと同じく、甘さが分かっているのではずれがありません。

安心感があります。

 

まとめ

スイカを買う時は、数日以内に食べると分かっているときは、カットスイカを選びましょう。

今日すぐに食べると分かっている場合は、一口スイカがおすすめです。

今食べごろなのが一口スイカなのです。

 

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった




スポンサーリンク


今のあなたにおすすめの記事