【缶コーヒーの賞味期限】サンガリアまろやかカフェラテで調べた

2019年5月29日

「缶コーヒって賞味期限どれくらいかな?」って思うことがありませんか?

安売りで大量購入したものをストックしていた時、賞味期限内に飲めるのか気になってしまうことがあります。

サンガリアまろやかカフェラテを例に缶コーヒーの賞味期限を調べましたのでシェアします。

スポンサーリンク

缶コーヒーの賞味期限

缶コーヒーの賞味期限は、サンガリアまろやかカフェラテで見た限り1年となっているようです。

缶コーヒーの賞味期限

 

ちなみに、賞味期限は首の部分に書いてあります。

缶コーヒーの賞味期限

2020年2月14日までとなっています。

製造は、2019年2月14日だと思われます。

スポンサーリンク

その下は、製造工場の番号でしょうか。

 

調査日は、2019年5月28日なので、製造された2月から約3か月間自販機の中で待っていたのでしょう。

そこから推測するのは、缶コーヒーの賞味期限は1年間と言うことです。

 

しかし、楽天市場で缶コーヒーを調べると面白いことが分かりました。

賞味期限3年の缶コーヒーが存在していたのです。

それから考えられることは、缶コーヒーの賞味期限は1年~3年間と言うことになります。

 

ただ、1年間のものが多いようです。

 

缶コーヒーの保存方法

全ての加工食品は正しい保存方法をしておかないと、表示されている賞味期限よりも短い期間で劣化してしまいます。

缶コーヒーの保存方法について調べてみます。

スポンサーリンク

缶コーヒーの保存方法

スポンサーリンク

 

表示の部分に「保存方法」と言う欄がありません。

これは、常温で保存して良いということになります。

 

自販機などでは冷蔵された状態で保存されています。

常温でもOKなので、冷蔵ならばなお良いということになります。

ただし、冷凍すると液体は膨張して、缶が壊れる可能性があるので、冷凍はNGです。

 

缶コーヒーを激安で買う裏技

缶コーヒーの賞味期限を調べていたら、缶コーヒーを激安で買う方法がありました!

ここでシェアしたいと思います。

 

方法は簡単。

楽天市場で「缶コーヒー 賞味期限切れ」と検索するだけです。

→楽天市場で「缶コーヒー 賞味期限切れ」を調べる

占い師零があなたを占います

 

24缶で1200円ほどで売られていることもあります。

1缶当たり50円くらいで手に入ることになります。

あなたがコーヒーをよく飲むのならば、まとめ買いと言うのも手かもしれません。

賞味期限は切れても飲めなくなるわけではありません。

 

通常、マージンが設定されているので、賞味期限から1.3倍~1.5倍くらいは普通に飲めます。

賞味期限が切れても、すぐに飲めなくなるわけではないので、これを知っているだけで、かなりお得に缶コーヒーをゲットできそうです。

 

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった

スポンサーリンク
今のあなたにおすすめの記事