さちのか(いちご)の賞味期限・消費期限について

2018年6月5日

さちのかと言うと、高い糖度で酸味が少ないです。

肉質は固めで固く粘質です。

食味は極めて濃厚。

おいしいいちごの種類のひとつと言えます。

 

買って帰ったらはどれくらい持つのでしょうか?

また賞味期限はどれくらいでしょうか?

調査しました。

スポンサーリンク

「さちのか」は、2000年(平成12年)に「とよのか」×「アイベリー」のかけあわせで誕生。

農林水産省野菜茶業試験場久留米支場で育成されたため、出願時の名称は「久留米52号」だったとか。

「さちのか」は「幸の香」と字があてられることがあります。

 

賞味期限

いちごは、生鮮食料品なので法律上賞味期限の表示義務がありません。

店頭で見ても賞味期限は表示されているものはありませんでした。

 

さちのか(いちご)は痛みやすい果実なので重ねておいておくだけで、自重(自分の重さ)や上に乗っているいちごの重さで押しつぶされて劣化が進みます。

 

通常いちごの賞味期限(=美味しく食べられる期間)は買って帰ってから2~3日と言えます。

さちのか(いちご)は日持ちがするといわれますが、具体的な日数を算出したデータはないようです。

[icon image="arrow2-r"] さちのか(いちご)の出荷時期・旬はこちら

 

[illust_bubble subhead="疑問" align="right" color="red" badge="gimon" illst="nayami-w2-l"]「さちのか」が真っ赤なのはアントシアニンがたくさん入っているからなのね。[/illust_bubble]

[illust_bubble subhead="解決" align="left" color="green" badge="chumoku" illst="check-m2-l"]「とよのか」よりもポリフェノールのアントシアニンが多いです。ポリフェノールは血管を強くし、血液循環を促進するので目に良いと言われています。[/illust_bubble]

 

常温保存できるか

さちのか(いちご)は基本常温保存です。

 

スーパーでも陳列している際、常温のところが多いと思います。

冷蔵よりも甘く感じると思います。

さちのかの賞味期限

さちのか(いちご)は常温保存

 

冷蔵保存の場合

さちのか(いちご)は食べる30分か1時間前に冷蔵すると冷たくておいしく食べられます

冷蔵して温度を下げると成長が止まるので現在の状態を維持することが出来ます。

 

クリスマスなど短期間に大量のいちごが必要なときは、「予冷」と言って出荷する前に冷蔵して温度を下げて出荷することがあるそうです。

これにより出荷時期をある程度コントロールできます。

さちのかはおいしいいちご

 

冷凍保存の場合

冷凍保存するときは、ヘタを切り落として、表面の水分をふき取って冷凍します。

スポンサーリンク

このとき、いちご同士が重ならないようにして、かつ隣のいちごと接触しないようにして冷凍して下さい。

 

個別に冷凍出来た方が、必要量を解凍することが出来ます。

まとめて冷凍する場合、凍るまでにいちご同士が接触している部分から劣化が進みます。

 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

賞味期限が元々ありませんので、賞味期限を過ぎることはありません

さちのかの消費期限

 

おいしく食べるには

いちごをおいしく食べるためには、買って来たらすぐ食べるのが一番と言えます。

さちのか(いちご)には「とよのか」に比べ、ビタミンCが15~30%多く含まれています。

 

買ってきたその日に食べられない場合は、ヘタ等は取ってしまわずにそのままの状態で、ヘタを下にして並べて保管します。

先にヘタを取ると、洗ったときにビタミンCが多く流出してしまうと言われています。

 

いちご同士が重なっていたり、隣のいちごと強く接しているとそこから劣化が進みます。

そのため、1つづつ保管することをお勧めします。

 

価格が高いブランドいちごは、重ねずにパッケージされているものもあるのはこのためです。

そのままでも十分おいしいのですが、練乳や練乳パウダーをかけて食べるのもおいしいです。

いちごは練乳をかけて食べてもおいしい

いちごは練乳をかけて食べてもおいしい

 

消費期限

さちのか(いちご)は生成食料品なので、消費期限も法律上表示する必要がありません。

パッケージなどには表示されていることはほとんどありません。

いちご自体は種類にもよりますが、常温で30日程度持ちます。

しかし、収穫からスーパーなどで店頭に並ぶまでの時間もあるので、買ってから1週間程度で食べることをお勧めします。

買ってきてから3週間もしたら劣化してくることがあります。

 

劣化すると、いちごの赤い色からピンク色になったりします。

また、色が変わった部分だけ少しくぼんだようになります。

色と味で判断して下さい。

 

まとめ

いちごの賞味期限は、法律上表示義務がありません。

実際はスーパーから買って来たら3日~4日程度と言えます。

 

本来、いちごは収穫から30日程度は食べられます。

しかし、数日で食べてしまう方がおいしく食べられます。

 

賞味期限も表示義務はありません。

スーパーで買ってきた場合は1週間程度のうちに食べてしまうようにして下さい。

 

冷凍する場合は、1か月程度もちます。

ただ、保管する場合は元々冷凍して販売されているものを選びましょう。

 

家庭用冷凍庫の場合は、-18℃以下になるまでに時間がかかります。

いちごを入れるためにドアを開けるので、そこから-18℃以下になるために30分以上かかることもあります。

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった

スポンサーリンク
今のあなたにおすすめの記事