グラタンの賞味期限・消費期限・日持ち・保存方法とは

グラタンは凝り始めたら、とことんまでこってしまう料理ですし、簡単に作ろうと思ったら、5分でできるという料理です。

ほとんどお店では食べられないですし、お惣菜としても出ていない。

その理由と、どれくらい日持ちするのかの賞味期限・消費期限をお知らせします。

家庭で作ったグラタンの保存方法も併せてお知らせします。




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

グラタンの賞味期限・消費期限

グラタンの消費期限:2~3日間
グラタンの賞味期限

グラタンは調理から概ね5日以内に寿命を迎える食品なので、お店で買ったら「消費期限(=安全に食べられる期間)」がつけられるものです。

賞味期限は、美味しく食べられる期間で、どちらも加工食品に表示が義務付けられたものです。

 

お店で売られているものは、表示が必要です。

家庭で作っているグラタンや、スーパーなどのお店の中で調理されたものは、賞味期限も消費期限も表示の必要がありません。

 

グラタンは、冷蔵保存で2日~3日間保管できます。

保存することが分かっている場合は、焼く前の状態で保存した方がいいでしょう。

食べる直前に、トースターなどで焼くことで表面のカリカリ缶やチーズのごげたにおいが強くなります。

グラタンの保存は焼く前に

 




スポンサーリンク



グラタンの保存方法

グラタンの保存方法について、常温・冷蔵・冷凍についてお知らせします。

常温保存

グラタンは常温保存に向きません。

グラタンは、少しの時間ならば保管できますが、あまり向いていません。

その理由は、ホワイトソースにあります。

グラタンとホワイトソース

 

ホワイトソースは、牛乳と小麦粉で作るのですが、牛乳はご存知のように栄養が豊富です。

多少の菌でも、温度によっては爆発的に増えてしまうのです。

 

牛乳やソフトクリームは、夏場など食中毒がニュースになるのはそれです。

同様に、グラタンはたくさん牛乳を使っていますので、常温で保存すると傷みやすいのです。

(見た目には全く問題ないのですが、食中毒菌が爆発的に増える)

 

冷蔵保存

グラタンは冷蔵保存可能です。

グラタンは、冷蔵保存が基本です。

保存する場合は、できれば焼く前に保存しましょう。

 

冷蔵庫で、2日~3日間保存できます。

保存の際は、表面にラップをするなどして乾燥しないようにして保存しましょう。

 

焼いた後に保存する場合は、表面がふにゃふにゃになってしまいます。

あっためるときは、電子レンジでチンした後に、少しトースターで焼き目をつけると、よりおいしく食べられます。

グラタンの冷蔵保存

 

冷蔵庫で長期保存すると、マカロニがホワイトソースの水分を吸ってしまい、ぐずぐずになってきます。

混ぜる前だったら、マカロニとホワイトソースは別々に保存した方が、後々おいしく食べられます。

 

冷凍保存

グラタンは冷凍保存可能です。

グラタンを長期保存しないといけないときは、冷蔵よりも冷凍が適しています。

概ね1か月程度日持ちします。

 

ジャガイモや、トマト、ナスなどが入ったグラタンは、冷凍に向いていません。

解凍した時に風味が落ちますし、食感が悪くなってしまうからです。

グラタンの冷凍保存

 

グラタンの解凍

解凍する場合は、電子レンジで解凍して、ある程度加熱した後、トースターに入れて表面の焼き目をつける方がおいしくなるでしょう。

 

冷凍食品のグラタンは、調理後、業務量の冷凍庫で急速冷凍しています。

そのため、-18度以下を維持すれば、3年以上日持ちします。

特に期限を定めないので、状態さえよければ5年後でも食べられるということになります。

 

グラタンについて

元々、グラタンは、フランスの郷土料理でした。

フランスでは、「表面を焦がすこと」をグラタンと呼ぶ場合と、「表面を焦がした料理」をグラタンと呼ぶ場合の両方があります。

 

日本ではホワイトソース(=ベシャメルソース)を使って表面を焼いた料理をグラタンと呼んでいる。

元々、フランス語では「グラタン」=「おこげ」と言う意味なので、表面を焼いたデザートなども「グラタン」に含まれます。

そういった意味では、日本の焼きプリンも「グラタン」の仲間なのかもしれません。

 

超簡単グラタンレシピ

簡単ですごくおいしいグラタンについてご紹介します。

多分、他のどこにもないレシピだと思います。

 

幻のキノコと言われている「ヤマブシダケ」に塩コショウをして、とろけるチーズをかけて焼くだけです。

バジルを少々かけると色合いも良くなります。

グラタンの賞味期限

ヤマブシダケは、最近では栽培されていて、スーパーなどに置いていることもあります。

ただ焼いただけなのですが、抜群においしくなります。

 

ご飯にかけてもすごく合います。

ヤマブシダケのレシピのグラタン

他のどれでも、これほどの味は出ないと思います。

かなりおいしいので、ヤマブシタケが手に入ったらトライしてみてください。

 

まとめ

グラタンの消費期限:2日~3日間【冷蔵保存】

グラタンの賞味期限:約1か月間【冷凍保存】




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

姉妹サイト

カップ麺を食べつくしたレビュー
カップ麺を次々自腹購入してレビューしていきます。
サラリーマンのオフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ
サラリーマンがオフィス内で食べられる極限まで節約したランチを極めます。
本当は怖い添加物の大辞典
日常の食品の添加物とその危険性をお知らせします。