サーモンとニジマスは同じ魚か、別の魚か問題

2018年中国ではニジマスとサーモンを同じ魚として扱うことにしたそうです。

「そんな馬鹿な」と思うかもしれませんが、日本も似たようなものだとご存知でしたか?

サーモン、ニジマス問題についてお知らせします。

スポンサーリンク

サーモンとニジマスは同じ魚か

サーモンとニジマスは生物的には別の魚です。

 

食べ物としても本来別のものです。

サーモンと言えばこんな感じです。

サーモン

 

ニジマスと言ったら、こんな感じ。

ニジマス

 

ニジマスのイメージと言ったこんな感じの方が馴染みがあるかもしれません。

ニジマスの塩焼き

 

体の大きさはサーモン(鮭)の方がニジマスよりは大きい傾向にあります。

顔つきも少し違います。

サーモンは海に行って、川に戻ってきます。

ニジマスはずっと川にいます。

その違いかもしれません。

 

どちらも白身の魚ですが、切り身は少しピンクがかっています。

スポンサーリンク

ピンク色の正体は、アスタキサンチンというカロチノイド系色素です。

エビやカニの甲羅の赤と同じ理由の色なのです。

 

サーモンの切り身

サーモンの切り身はこんな感じです。

サーモンの切り身

 

ニジマスの切り身

ニジマスの切り身はこんな。

ニジマスの切り身

 

切り身だけ見たら結構分からないのです。

皮の模様は少し違うのですが、すしの場合皮をはいでしまうので、素人では見分けがつかないのです。

回転寿司屋さんでは、サーモンの代替魚としてニジマスが使われることがあります。

サーモンの寿司

 

ただ、昨今の世の中なのでニジマスをサーモンとして売っていたら大変なことになってしまいます。

[icon image="arrow2-r"] 【回転寿司の真実】回転寿司では代用魚が使われているのか・嘘を暴く

 

そこで、食品業界の方がサーモンに似せた作ったニジマスを「サーモントラウト」と名付けました。

「サーモン」と付いているので、回転寿司屋さんでも堂々とサーモンとして出すことができるのです。

 

意外と知らない人が多い情報で、言ってみたら騙される内容なので、ぜひ知っておいてください。

スーパーに行ったとき、「サーモン」と「サーモントラウト」があることを確認してみてください。

スポンサーリンク