ミスタードーナツの賞味期限・消費期限|ミスドにいつまで食べられるのか聞いてみた

2019年1月5日

ミスタードーナツって100円セールなどをやっていることがあります。

ついついまとめて買ってしまい食べきれないこともあります。

賞味期限・消費期限はどれくらいなのかミスドに聞いてみました。

実際はどれくらい日持ちするのかも調べてみました。

スポンサーリンク

ミスタードーナツの賞味期限・消費期限

ミスタードーナツの消費期限:1日間

ミスタードーナツは、調理から5日以内に寿命をむかえる食品なので、「賞味期限」(=おいしく食べられる期限)ではなく、「消費期限」(=安全に食べられる期間)です。

ただし、店舗で調理されているので、賞味期限を表示する必要がないのです。

ミスタードーナツの消費期限

賞味期限(=美味しく食べられる期限)と消費期限(=安全に食べらる期限)

ミスタードーナツの定める消費期限

ミスタードーナツの定める消費期限はこちらです。

ドーナツの製造は、当日にお作りしたものを当日中にお召し上がり頂くようご案内をさせて頂いております。
これは、当社の定めております品質基準からの理由でございます。

その日、買ったものは、その日のうちに食べきりましょう、と言うことみたいです。

ミスタードーナツの消費期限

お店では、冷凍されたドーナツの元を揚げるだけですが、最終調理すれば「そのお店で作ったもの」となります。

ミスタードーナツの消費期限

商品の種類ごとに、これは1日、これは2日、と言う扱いはないようです。

クリームを使っていようが、砂糖コーティングされていようが、チョコレートコーティングされていようと、当日限りとしています。

実際はいつまで食べられるか

お店は安全も考慮して、必ず「マージン」を取って食べられる期間を回答します。

お店でも1日に何度もドーナツを揚げるので、午前中の開店直後に揚げたものと閉店間際に揚げたものの両方が「当日限り」だと言うのは話が合いません。

ミスタードーナツの消費期限

実際は、購入当日を1日目と考えて、2日~3日は常温保存で日持ちすると考えられます。

ただし、室温が20℃以上になる場合は、劣化が早くなるので注意が必要です。

スポンサーリンク

一般的な食中毒の元となる細菌は20℃~40℃くらいで一番繁殖しやすいのです。

ミスタードーナツの最適な保存方法

ミスタードーナツは、調理済みのドーナツとなります。

そのため、長期保存は期待できません。

一般的に売られているドーナツの場合は、5日程度の消費期限が付けられているものがあります。

ドーナツの保存方法

これは、未開封の状態を想定していて、開封後は「できるだけ早くお召し上がりください」となっています。

通常、この「早く」とは、1日~2日を指します。

一度開封すると空気中の菌に触れるからです。

すぐに食べる場合

2日~3日以内に食べる場合は、常温保存が最適です。

「冷蔵庫に入れると良い」と案内しているサイトなどもありますが、小麦粉やご飯などの炭水化物は、加熱してアルファ化した状態がおいしい状態です。

冷蔵庫で冷やしてしまうと、ベータ戻したような状態となり、おいしさが損なわれます。

また、乾燥してしまい、これも美味しさが損なわれる原因の一つです。

ミスタードーナツの保存方法

1週間以上日持ちさせる場合

本当は早めに食べた方が良いのですが、何らかの理由ですぐに食べられないとか、多すぎて食べきれない場合は、冷凍がおすすめです。

冷蔵するくらいならば、冷凍した方がおいしく保つことができるのです。

冷凍してもカチコチになったりはしないのですが、油による酸化を抑えることができ、炭水化物のベータ戻りを最小限に抑えることができます。

冷凍すれば、1か月くらいは日持ちします。

ミスタードーナツの消費期限

冷凍したドーナツの解凍方法

冷凍したドーナツの解凍は意外に難しいです。

自然解凍だとべちゃべちゃになってしまいます。

また、揚げたときの油で(胃もたれ的に)重たい印象になります。

ドーナツの解凍方法

油で揚げなおすのは、お勧めしません。

ミスタードーナツの商品の多くは、砂糖でコーティングされていたり、クリームがかかっていたりするからです。

電子レンジで熱くらならない程度加熱するのがおすすめです。

1個あたり、20秒~30秒程度が目安です。

まとめ

ミスタードーナツの消費期限は、公表されているものは「当日限り」です。

実際には、2日~3日くらいは常温で日持ちします。

保存温度には注意しましょう。

長期保存する場合は、冷蔵ではなく、冷凍して保存しましょう。

冷蔵は、ドーナツのおいしさを急激に下げてしまいます。

当記事はミスタードーナツ様への取材と、実際の商品で実験してのお知らせですが、調理済みの商品はできるだけ早く食べきりましょう。

スポンサーリンク

また、実践する場合は自己責任で行いましょう。