乾麺のパスタ(スパゲティ)の賞味期限・消費期限・日持ち・保存方法とは

一人暮らしの強い味方「パスタ(スパゲティ)」。

色々な料理に使えるし、乾麺なので保存が利きます。

意外と賞味期限を見逃しがちです。

乾燥スパゲティの賞味期限、保存方法をお知らせします。

賞味期限切れからどれくらいまで食べられるかも調査しました。




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

乾麺のパスタ(スパゲティ)の賞味期限・消費期限

乾麺のパスタ(スパゲティ)の賞味期限:3年間
パスタの賞味期限

パスタ、スパゲティは、含有水分量が少ないので、長期保存が可能です。

その分、保存は乾燥したところに保管する必要があります。

湿気など水分を吸うとカビの原因になったりします。
賞味期限が3年後となると、袋に記載がある日付を見ると、かなり未来感があります。

パスタの賞味期限

 

 

開封後はどれくらい日持ちするのか

開封してもあまり影響がなさそうですが、開封後は早めに食べるように注意書きが書かれています。

パスタの賞味期限

「早く」と言うのは、概ね1か月~3か月間くらいとお考え下さい。

 

小麦粉と言えば、日清製粉株式会社だということで、賞味期限切れのスパゲティは食べられるのか聞いていました。

Q.賞味期限が切れています。使用できますか。

A.「賞味期限」とは、「未開封状態」で「定められた方法で」保存していた商品がおいしく食べることができるという期限です。賞味期限を過ぎてすぐに食べられないということではありませんが、期限を過ぎると商品のおいしさが損なわれていきますので、おすすめはできません。

 




スポンサーリンク



乾麺のパスタ(スパゲティ)の保存方法

乾麺のパスタ(スパゲティ)の保存方法について、常温・冷蔵・冷凍についてお知らせします。

常温保存

乾麺のパスタ(スパゲティ)は常温保存可能です。

乾麺は、基本常温保存です。

未開封で保存状態が良ければ、3年間は日持ちします。

状態さえよければ、さらに1年~2年は食べられます。

直射日光を避け、冷暗所に保管します。

スパゲティの保存方法

 

水分を吸うと劣化が進むので、袋を一度開けた場合は乾燥材を入れるなどしたら日持ちします。

ネットの噂では、賞味期限切れ1年や2年のパスタを食べたが、別に全く問題なかったという話が多いです。

 

食べる前に、カビなどないかチェックして、問題なさそうだったら自己責任でトライしてみてください。

 

保存方法についても、日清製粉様にお尋ねしました。

Q.パスタは開封後、どのように保存したらよいですか。

A.高温多湿の場所、直射日光を避け保存してください。なお、開封後は虫害を防ぐため、しっかり密封して保存し、お早めにお召しあがりください。

封をする意味は、虫がつくことを防止する意味もあるようですね。

 

冷蔵保存

乾麺のパスタ(スパゲティ)は冷蔵保存に適していません。

乾麺は、水分を嫌います。

冷蔵庫内は、水分がなさそうですが、ドアの開閉で温度の差が意外とあります。

この温度差によって、袋内に水分が水滴となってつく可能性があるのです。

 

この水分によって、麺が劣化していくことがあります。

乾麺のパスタは、冷蔵庫ではない風通しの良いところに保存しましょう。
パスタの保存方法

 

冷凍保存

乾麺のパスタ(スパゲティ)は冷凍保存に適していません。

乾麺は保有水分量が極めて少ないので、冷凍しても凍りません。

冷凍しても特に良い効果はないのです。

 

それどころか、冷凍することで冷蔵の時と同様に袋内に水分が付着してしまいます。

これにより、麺が劣化し始めてしまいます。

 

乾麺のパスタ(スパゲティ)について

スパゲティをいつの頃からか、パスタと呼ぶようになったかと思いました。

昔は、スパゲティと呼んでいましたが、最近ではパスタと呼ぶことが多いように思います。

 

元々、イタリア料理においては、小麦粉で作った麺状の物を「パスタ」と呼びます。

日本語においては、「麺類」と訳してもいいと思っています。

パスタには、ペンネやラザニアなども含みます。

必ずしも細長い必要はないのです。

パスタとは

 

スパゲティは、パスタの中の種類の一つです。

スパゲティをスパゲティと呼んでも間違いではありません。

スパゲティはパスタの一つ

 

日本において、そばのことを「そば」と呼んでも「麺類」と呼んでも間違いではないのと同じようなものです。

 

一人暮らしにおいてパスタが強い理由

パスタ(スパゲティ)が、一人暮らしにおいて人気なのはなぜか、調査してみました。

一番は、その安さにあると言えます。

1食分100gが30円くらいとなります。

 

ソースは、2食分で100円以下のものもあります。

スパゲティのソース

 

つまり、2人前おなかいっぱい食べても、1食200円以下と言うことになります。

また、ソースを変えることで、いろいろな味が楽しめます。

ソースを変えると色々なスパゲティが楽しめる

 

パスタが黄色い理由

パスタ、スパゲティは黄色いイメージです。

原材料は、小麦粉ですが、なぜ黄色いか考えたことがありますか?

卵を使っていると思っておられる方が、意外に多いのですが、あれは「デュラム小麦」と言う種類の小麦の粉で作っているので、薄い黄色をしているのです。

疑問
パスタは卵の黄色じゃなかったのね。
解決
デュラム小麦と言う種類の小麦なので、少し黄色がかっています。白い小麦粉と比べて固い麺になります。

 

まとめ

乾麺のパスタ(スパゲティ)の賞味期限、消費期限:3年間【常温保存】

 




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

姉妹サイト

カップ麺を食べつくしたレビュー
カップ麺を次々自腹購入してレビューしていきます。
サラリーマンのオフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ
サラリーマンがオフィス内で食べられる極限まで節約したランチを極めます。
本当は怖い添加物の大辞典
日常の食品の添加物とその危険性をお知らせします。

コメントを残す