白いたい焼きの賞味期限【もちもちたい焼き(小倉)】

2009年ごろから大ブームとなった「白いたい焼き」。

今でも売っているところでは売られれています。

お土産などでもらったときに、どれくらい日持ちするのか悩みます。

賞味期限・消費期限を調べました。

スポンサーリンク





白いたい焼きの賞味期限(消費期限)

白いたい焼きの消費期限は、3日間です。

 

コンビニでも買えるハマセイ製の「もちもちたいやき(小倉)」を例に見てみましょう。

白いたい焼きの賞味期限

 

賞味期限(消費期限)は、包装に書かれています。

書かれている日付を目安にその日までに食べるようにしましょう。

 

 

白いたい焼きの消費期限

白いたい焼きは、製造から概ね5日以内に寿命をむかえる食品です。

そのため、「味」期限ではなく、消「費」期限が記載されています。

あんまり日持ちしません。

 

賞味期限は、美味しく食べられる期間です。

消費期限は、安全に食べられる期間です。

賞味期限は、少しくらい過ぎても食べられますが、消費期限の方は、超えない方が賢明と言えます。

 

白いたい焼きの保存方法

白いたい焼きの保存方法は、冷蔵保存みたいです。

白いたい焼きの保存方法

包装には、「10℃以下で保存してください(要冷蔵)」と書かれています。

 

この製品では、「保存方法の変更者」と言うのがシールで貼ってありました。

白いたい焼きの消費期限

「10℃以下で保存してください(要冷蔵)」→「要冷蔵(10度以下)」って同じじゃないのか・・・?

 

残ったものは、冷蔵庫で保存すればいいようです。

半分だけ食べたものなどは、ラップをかけるなどして冷蔵すればOKですが、口を付けたらり、触った部分は菌が繁殖する可能性があります。

出来るだけ早く食べるようにしましょう。

白いたい焼きの保存方法

 

「消費期限」が書かれているので、その日付を目安にしますが、この製品の様に包装されているものは、開封した場合、消費期限よりも早く食べる必要があります。

開封した場合、その日か、翌日ぐらいまでがギリギリだと思います。

※自己責任でお願いします。

 

白いたい焼きの魅力

白いたい焼きのブームは2009年ごろ。

あの人気は何だったのでしょう?

白いたい焼きの日持ち

白いたい焼きは、その名の通り、普通のたい焼きと違って白いです。

単に珍しかったのかな・・・

ブームってそんなものですよね^^;

色々な製品を見てみると、タピオカ粉や卵白を使っていることが白さの秘密みたいです。

 

あと、モチモチしていますね。

2つに割った時など、それを感じます。

白いたい焼きの保存方法

お店によっては、餅粉を使っているところもあるようです。

 

ブームは終わったと言えますが、ブームから10年時用経過しても、各社コンビニに「白いたい焼き」が置かれています。

一定の市民権は得たと言えるのでしょう。

 

美味しく食べるためには、電子レンジでチンして、そのあと、トースターで軽く1分~2分チンして、表面だけパリッとさせるのが良いと思います。

好みにもよりますが・・・

あなたは、久々に白いたい焼きを食べてみたいと思いますか?

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった




スポンサーリンク


今のあなたにおすすめの記事