紙パックの麦茶の賞味期限・消費期限・日持ち・保存方法とは

「パックの麦茶」と言うと、「ティーバック」の場合と、「紙パック麦茶」の場合と、2種類のパターンがあります。

ここでは、「紙パックの麦茶」のことをお知らせします。

割と日持ちするので、冷蔵庫の中で忘れてしまうことがあります。

どれくらい日持ちするのか知っておきましょう。

正しい保存方法もお知らせします。

スポンサーリンク





紙パックの麦茶の賞味期限・消費期限

紙パックの麦茶の賞味期限:2週間~6か月間

紙パックのお茶の賞味期限

紙パックのお茶の賞味期限は、2週間~6か月間です。

物によってかなり差があります。

パックには、「いつまで」と言う日付が書かれています。

紙パックのお茶の賞味期限

ただし、この「おいしく飲める期限」は、未開封時の時のことで、開封したらチャラになります。
賞味期限(=美味しく食べられる期限)と消費期限(=安全に食べらる期限)

開封後はどれくらい日持ちするのか

開封したら、その日のうちに飲むのが良いでしょう。

ただ、ストローで飲むタイプの紙パックの場合は、6時間以内に飲み切りましょう。

温度によっては、食中毒になってしまう可能性があるのです。

スポンサーリンク





紙パックの麦茶の保存方法

紙パックの麦茶の保存方法について、常温・冷蔵・冷凍についてお知らせします。

常温保存

紙パックの麦茶は常温保存可能です。

紙パックの麦茶は、常温保存可能です。

「未開封ならば」です。

直射日光を避け、冷暗所に保管しましょう。

冷蔵保存

紙パックの麦茶は冷蔵保存可能です。

紙パックの麦茶は冷蔵庫で保存しても問題ありません。

冷蔵庫内のスペースが空いているのならば、と言う条件付きです。

冷凍保存

紙パックの麦茶は冷凍保存可能です。

紙パックの麦茶は冷凍可能です。

保冷バッグなどに入れる場合、保冷剤代わりになります。

ただ、お茶を一度冷凍したら、解凍後は渋くなってしまいます。

冷凍前と同じにはならないのです。

日持ちは、約1年間と長期保存が可能です。

冷凍と解凍を繰り返す場合は、質が著しく下がるので避けましょう。

紙パックの麦茶について

紙パックの麦茶のパックは、「紙パック」と言いながら、紙だけではありません。

実は、4重構造なのです。

紙パックの麦茶の構造

紙を表と裏からポリエチレンでコーティングしてあり、外側には印刷がされているのです。

色々とメリットがあります。

  • 安全で衛生的
  • 遮光性が高い
  • 軽いので輸送効果がよく、エネルギーを節約できる
  • 形状的にデザインがしやすい
  • 印刷して情報を伝達できる
  • リサイクルできる

ドライブの時に持って行ったり、お子さんの運動会用に準備しておくと便利です。

まとめ

紙パックの麦茶の賞味期限、消費期限:2週間~6か月間【常温保存】

紙パックの麦茶の賞味期限、消費期限:1年間【冷蔵保存】

■関連情報

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった




スポンサーリンク


今のあなたにおすすめの記事