蒸しパンの賞味期限【ヤマザキ製たまご蒸しパンカスタード】

蒸しパンって美味しいのですが、結構ボリュームが多いものが多いです。

そこで、食べ残してしまうとき、賞味期限や保存方法が気になります。

調べてみましたので、シェアします。

スポンサーリンク

蒸しパンの賞味期限

蒸しパンは、製造から概ね5日以内に寿命をむかえる食品です。

そのため、「味」期限ではなく、消「費」期限が表示されています。

蒸しパンの消費期限は、3日間です。

蒸しパンの賞味期限

 

ヤマザキ製のたまご蒸しパン(カスタード)を例にすると、以下のところに消費期限が日時で書かれています。

たまご蒸しパンの消費期限

スポンサーリンク

 

蒸しパンの保存方法

たまご蒸しパンの保存方法は、包装に「直射日光、高温多湿を避けて保存してください。」と書かれています。

 

蒸しパンを食べている途中で保存する場合は、ちょっとだけ注意が必要です。

手で触った部分、口を付けた部分は、雑菌が繁殖するので保存に適しません。

触った部分、口を付けた部分を切り離しましょう。

蒸しパンが残ったら

また、パンや蒸しパンは冷蔵保存が向いていません。

冷蔵庫に入れると、固くなってしまいます。

また、加熱で美味しくなったデンプンが、冷却され美味しさが損なわれてしまうのです。

 

特に、このヤマザキ製たまご蒸しパンはカスタードクリームが使われています。

このカスタードには、たまごと牛乳がたっぷり使われています。

これらはどちらも、菌が繁殖しやすいので、食中毒に注意が必要です。

一般的に10度以上で菌は繁殖しやすくなるので、美味しさが損なわれることを覚悟で冷蔵庫保存するのが最適でしょう。

 

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった

スポンサーリンク
今のあなたにおすすめの記事