「冷凍」「チルド」「氷温」「パーシャル」の違いとは

食品を保存するときに、一番使うのが「冷蔵」です。

家でも冷蔵庫があるでしょう。

その冷蔵庫には、「冷凍庫」もあると思います。

そこでは、「冷凍」をします。

最近の冷蔵庫では、「チルド」「氷温」「パーシャル」などもあり、いまいち使い方が難しい・・・

ここで、それぞれをお知らせし、正しく使えるようにします。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

「冷凍」「チルド」「氷温」「パーシャル」とは

「冷凍」「チルド」「氷温」「パーシャル」とは、それぞれ「温度帯」を表しています。

それぞれ違う基準で考えられているので、温度がバラバラです。

温度帯と賞味期限

「冷蔵」と「冷凍」だけなら分かりやすそうですが・・・

それぞれを分けて詳しくお知らせします。

 

冷蔵とは

10度以下になると菌の繁殖がおさえられます。

そのため、冷蔵庫では10度以下になるようになっています。

ちなみに、冷蔵庫は2度~5度くらい。

 

野菜室は8度~10度くらいになっています。

野菜は冷やしすぎると凍ってしまったり、かえって傷んだりするので、この温度にしているのです。

このくらいが野菜は最も日持ちするのです。

野菜の冷蔵と日持ち

 

  冷蔵庫にある氷はいつまで使えるのか?

 

冷凍とは

マイナス15度以下になると、菌の繁殖は完全に止まります。

だから、冷凍庫はそれよりも低いマイナス18度になっているのです。

冷凍

 

アイスクリームなどは、マイナス18度以下だと品質に変化がほとんどないので、賞味期限が省略していいことになっているほどです。

  アイスクリームには賞味期限がない理由といつまで食べられるのか!?

 

冷凍まぐろはマイナス50度以下で保存しないと黒くなってしまいます。

だから、普通業務用の冷凍庫はマイナス60度になっているのです。

マグロの冷凍

 

 

チルドとは

チルドとは、食品・飲料で言うと、凍結寸前の温度まで冷却して保存することを言います。

冷蔵よりも温度帯は低いです。

具体的な温度で言うと、0度前後を言います。

 

使い買ったとしては、ヨーグルトなどの乳製品、納豆などの発酵食品、ちくわやかまぼこなどの練り製品の保存に適しています。

ヨーグルトとチルド

 

氷温とは

氷温とパーシャルは似ている温度帯ですが、厳密には少し違います。

氷温は、凍り始める直前の状態の温度帯です。

 

具体的な温度で言うとマイナス1度くらいです。

刺身やスライス肉など、凍りすぎると困るものを保存するのに適した温度帯です。

スライス肉の日持ち

 

パーシャルとは

パーシャルは氷温と似ていますが、厳密には氷温よりも少し温度が低いです。

パーシャルは「部分的」と言う意味で、部分的に冷凍されている状態を言います。

 

具体的な温度で言うと、マイナス1度~マイナス3度くらいです。

肉や魚などの保存に最適です。

魚の保存

 

このように、食品を保存するのに最適な温度帯があるのです。

時代の進化と共に小分けして最適な温度で保存するようになったのです。

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ