【たまごの賞味期限】夏16日冬57日たまごの賞味期限が季節で違う理由とは

たまごの賞味期限はパックに書かれていますが、およそ2週間です。

ところが、実際の賞味期限は夏場16日で、冬場などは57日と長期です。

なぜ季節によって違うのかお知らせします。

 

スポンサーリンク

 

たまごの賞味期限が季節で違う理由

1999年(平成11年)、賞味期限表示はルールが変わりました。

食品衛生法施行規則の改定で、たまごを安心して「生食できる期限」を示すようになりました。

たまごの賞味期限

 

季節によって温度が違います。

常温での賞味期限を算出しているので、季節によって賞味期限が変わるのです。

スポンサーリンク

 

季節 期間 想定温度 賞味期限
夏期 7月~9月 27.5℃ 16日
春期 4~6月、10月~11月 22.5℃ 25日
冬期 12月~3月 10.0℃ 57日

 

保存温度と、たまごの生食で食べられる日数には理論値ですが、以下のようなデータがあります。

たまごの保存温度と生食できる日数

 

たまごの保存温度と生食できる日数

保存温度(℃) 日数
10 57
11 55
12 51
13 49
14 45
15 43
16 40
17 38
18 35
19 33
20 30
21 27
22 26
23 25
24 22
25 21
26 19
27 17
28 16
29 15

温度が高いほど生食できる日数が短くなっています。

 

先ほどの季節の温度を合わせて考えると以下のようになるのです。

たまごの保存温度と日数

 

家庭では安全に食べられるように、冷蔵庫で保管した方が良いでしょう。

たまごの殻に傷が入ると食中毒の原因になる可能性があるので、ドアポケットではなく買ってきたときのパックのまま冷蔵室(2℃~5℃)か、野菜室(8℃~10℃)に保管しましょう。

 

たまごの賞味期限について詳しくはこちらです。

スポンサーリンク