【たまごの賞味期限】賞味期限切れのたまごを捨ててはいけない理由

パックに書かれているたまごの賞味期限は約2週間です。

うっかり賞味期限が切れたからと言って捨てるのはちょっと待ってください。

この記事を読まれたら今後は捨てなくてよくなります。

 

スポンサーリンク

 

賞味期限切れのたまごを捨ててはいけない理由

賞味期限切れのたまごは、捨ててしまいがちです。

今日からは捨てないでください。

賞味期限切れのたまご

 

たまごには、季節によって賞味期限があります。

 

夏場の賞味期限:16日

春秋の賞味期限:25日

スポンサーリンク

冬場の賞味期限:57日

 

あくまで理論値ですが、たまごとは、上記のようにかなり日持ちする食材なのです。

こちらに詳細をお知らせしています。

 

しかも、日本におけるたまごの賞味期限とは、「生食」を想定しています。

そのため、ゆでたまごにしたり、オムレツにしたり、加熱して食べるときはこれよりも安全に食べることができるのです。

※このときは、半熟は避けましょう。

 

ちなみに、海外ではたまごを生食する文化がありませんので、賞味期限は1か月半とか2か月と書かれているものもあります。

国によっては6か月となっているところもあるくらいなのです。

 

たまごは、賞味期限が切れても捨ててしまうのではなく、加熱して食べるようにしましょう。

スポンサーリンク