土筆(つくし)の賞味期限・消費期限・日持ち・保存方法とは

春先に川の土手などに、条件が良ければ生えてくる土筆(つくし)。

春の訪れを知らせる風物詩でもあるのですが、調理したら食べられるのです。

どれくらい日持ちするのか、ぜひ知っておきましょう。




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

土筆(つくし)の賞味期限・消費期限

土筆(つくし)の賞味期限/消費期限:1日間
つくしの賞味期限

つくしは、「生鮮食料品」の扱いになるので、賞味期限も、消費期限も表示されません。

賞味期限や消費期限は加工食品に表示が義務付けられたものです。

 

つくしの場合は、「日持ち」と表現することになると思います。

つくしは、先端部分が、開いていない状態の物を選んだとしても1日程度の日持ちと言えます。

基本的に冷蔵庫保存です。

つくしの頭

 

あく抜きしたものは、冷蔵庫保存で3日程度日持ちします。

出来るだけ早くあく抜きする必要がありますね。

 

 




スポンサーリンク



土筆(つくし)の保存方法

土筆(つくし)の保存方法について、常温・冷蔵・冷凍についてお知らせします。

土筆(つくし)の常温保存

土筆(つくし)は常温保存には適しません。

つくしは、生えている段階では常温保存なのですが、積んだ瞬間から劣化が始まります。

そのため、常温保存には適していません。

1日~2日程度が限界かと思います。

時間経過とともに茶色になってしぼんできます。

つくしの保存方法

 

土筆(つくし)の冷蔵保存

土筆(つくし)は冷蔵保存可能です。

つくしは、基本的に冷蔵保存です。

摘んできただけの状態では、1日程度しか日持ちしません。

 

あく抜きのために下茹ですることで、3日程度日持ちします。
つくしの保存方法

 

土筆(つくし)の冷凍保存

土筆(つくし)は冷凍保存可能です。

つくしの冷凍は、冷凍前に十分水分を取って、ラップなどに包み、冷凍します。

フリーザーバッグに入れると更によいでしょう。

 

土筆(つくし)について

つくしとは、植物の名前ではありません。

植物名としては「スギナ」です。

スギナはつくし

 

スギナは竹や芋などと同じく、地下茎(ちかけい)と呼ばれる地下の茎を持ち、胞子茎として「つくし」があります。

つくしとは

 

つくしの調理

つくしは、調理の時、食べられない(歯に残る)袴(はかま)を取ります。

袴は、中々取れない上に、爪が黒くなるので、つくしを調理する上でもっとも面倒で嫌な作業と言えます。

 

つくしは「あく」が強い物なので、あく抜きが必要です。

沸騰したお湯につくしを入れたら、再び沸騰するまでのほんの10秒から15行程度の間入れておくだけでOKです。

その後、氷水に入れ、絞めます。

 

水の入ったボウルに湯通しした土筆(つくし)を入れておくと、段々緑色のあくが出てきます。

数回、水を変えることであくが抜けます。

 

おひたしや、玉子とじなどがメジャーですが、苦味が苦手な場合は、天ぷらにするとかなり食べやすくなります。

 

まとめ

土筆(つくし)の賞味期限、消費期限:1日~2日間【冷蔵保存】




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

姉妹サイト

カップ麺を食べつくしたレビュー
カップ麺を次々自腹購入してレビューしていきます。
サラリーマンのオフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ
サラリーマンがオフィス内で食べられる極限まで節約したランチを極めます。
本当は怖い添加物の大辞典
日常の食品の添加物とその危険性をお知らせします。