賞味期限に関する相談を頂きました

賞味期限に関してご相談を頂きました。

お陰様で当サイトはたくさんの方にアクセスして頂いています。

そこで、賞味期限についてご相談を頂きました。

今回はご質問に回答したいと思います。

スポンサーリンク

【頂いたご相談】

賞味期限切れはどこまでが許容範囲ですか?

 

[illust_bubble subhead="疑問" align="right" color="red" badge="gimon" illst="nayami-w2-l"]

賞味期限切れはどこまでが許容範囲ですか?

 

昨日、夫が冷蔵庫の中を見て賞味期限が
5日過ぎたウインナーを見つけて激怒し喧嘩になってしまいました。

 

たまに賞味期限を過ぎても消費しきれてない食材があります。
夫がそれを見つけるとかなり厳しく注意されます。
私がちゃんと消費するなり、冷凍するなりすれば良いのですが、
旦那は冷凍しても「賞味期限過ぎてるけど、大丈夫なの?」といつも聞いてきます。

 

「冷凍してから1ヶ月も経ってないし大丈夫だよ。」と毎回返答していますがうんざりしています。

 

一般的に「賞味期限」切れはどこまでが許容範囲ですか?
匂いやヌルヌルするのはアウトですが、その手前で許容範囲を教えて下さい。

 

生肉

加工肉(ウインナー、ハム、ベーコン等)

乳製品(ヨーグルト、プリン等)

 

今回はこの4つについて教えて下さい。
他にも沢山の食材がありますが、
「これは比較的大丈夫だったよ。」みたいなのもあればお願いします。

[/illust_bubble]

レアのステーキ

【回答1】

賞味期限、賞味期限に詳しい方に回答を頂きました。

[illust_bubble subhead="解決" align="left" color="green" badge="chumoku" illst="check-m2-l"]

私は消費期限には神経使いますが、賞味期限にはズボラです。

生肉や魚は買ったその日、または翌日までには使い切るようにしています。

まとめ買いして冷凍・・・は、しないです。

冷凍焼けして風味が悪くなってしまいますから。
ウインナーやハムは期限切れてから一週間くらいは平気で食べています。

実際は、それ以上でも火を通して食べています。

ヨーグルトも同様です。

期限切れても10日は平気で食べます。

お腹こわしたことないですよ。

賞味期限に関してはそんなに神経質にならなくても大丈夫ですよー。

[/illust_bubble]

生肉の消費期限

スポンサーリンク

 

もうひと方回答を頂きました。

 

[illust_bubble subhead="解決" align="left" color="green" badge="chumoku" illst="check-m2-l"]

魚・生肉に付くのは消費期限ですよね。

生肉は期限が切れた翌日がギリギリセーフですね。
魚は生臭みが出そうなので無理です。
期限守って捨てます。
加工肉は未開封なら2、3日過ぎても平気で食べます。
4、5日過ぎても、変な臭いがしなかったら食べるかも?

乳製品も期限守ってしまいます。
ヨーグルトとか期限過ぎたのコワイ・・・。

冷凍したのに、賞味期限切れてるけど大丈夫?って聞く人、たまにいますよね。
冷凍した意味わかってないな~って自分もウンザリします。

[/illust_bubble]

 

まとめ

賞味期限、消費期限のご質問ですが、結論からお知らせすると、「賞味期限」は過ぎてもそれほど心配される必要はありません。

 

⇒ 賞味期限と消費期限の違いに勘違いが多い件

 

簡単にお知らせすると、「賞味期限」は「美味しく食べられる期間」です。

もちろん、記載された正しい保存方法で保管した時の期間であり、未開封の時の期間です。

 

一方「消費期限」は「食べられる期間」です。

元々、消費期限は製造後劣化がすさまじく、目安として5日以内にダメになるものにつけられる物です。

2週間も3週間も経過したらほぼ食べられなくなっていると言っていいでしょう。

 

また、賞味期限も消費期限もハムなどの加工品につけることが義務付けられたものです。

ご質問のうち「魚」には賞味期限も消費期限もありません。

加工している「さしみ」などは消費期限が表示されていると思います。

 

ただ、消費期限も加工者によって若干のマージンが設けられていることがほとんどです。

例えば、製造後5日程度で消費期限を迎え、食べられなくなる食品があったとします。

その場合、消費期限は「3日間」程度に設定されていることがあります。

つまりほんとは5日間程度でためになることが多い食品があったとします。

ところが、「消費期限」の記載としては「3日」と記載されているというのです。

 

条件が良くない場合もあるので、3日と少し少なめになっているのです。

だから、消費期限も過ぎたらその瞬間から食べられなくなるのではなく、少しの期間ならばまだ食べられる可能性が高いと言えます。

 

つまり、賞味期限が切れてもそれは「おいしく食べられる期間の目安」なので、全然食べられる。

消費期限もほんの少しならば過ぎても問題ないことが多い、と言うことです。

 

参考になれば幸いです。

 

 

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった

スポンサーリンク
今のあなたにおすすめの記事