【そばの雑学】「生そば」は「きそば」「なまそば」どちらが正解か あなたの常識が変わる

「生そば」と書くと「きそば」と読むのが常識だと思われています。

小学生の感じのテストでも定番で、「きそば」と書く必要があります。

ところが、実は「生そば」は「きそば」と読むとは限らないのです。

子供さんに「常識だろ!」などと怒鳴ってしまう前にぜひ知っておいてください。

詳しくお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

「生そば」とは何と読むか

「生そば」と言えば、「きそば」と読むのが常識です。

ところが、これは小学生の感じに限っての常識で、一般常識では「なまそば」とも読みます。

どのように違うのかお知らせします。

生そばは何と読むか

 

「生そば(きそば)」とは

まずは、常識があるとされている人が思っている正解の、「生そば(きそば)」とは何かから確認していきます。

生そば(きそば)とは、元々、「そば粉だけで打ったそば」のことを指していました。

 

そば粉に少しのつなぎを加えただけのそば・小麦粉などの混ぜものが少ないそばのことを指していたのです。

これは、現在では「十割そば(じゅうわりそば)」と呼ばれています。

生そばとは十割そばのこと

 

つなぎを使わない十割そばは、練るだけでもすごい技術が必要で、素人ではまとめることすら難しいと言われています。

また、茹でる際も釜に入れるために持ち上げた時に、ぶつぶつと切れやすいので、もち上げるのにすら技術が必要なのです。

十割そばは持つのも難しい

 

最近では、二八蕎麦、五割蕎麦、十割蕎麦、などの「蕎麦屋さんの蕎麦」全般を指します。

単に高級なそばを指すとこもあります。

 

「生そば(なまそば)」とは

「生そば(なまそば)」は、そばを切った後に、打ち粉をまぶした状態で、紙包みやポリ袋、プラスチック容器などに入れて売られる物のことを指します。

生そばとは、生のそば

 

スーパーなどで売られている「生そば(なまそば)」には、わざわざ「なま」と振り仮名がつけられています。

生そばはフリガナがなまそばと書かれている

 

もちろん、これは間違いではなく、「なまそば」が正解です。

 

売られている物の中には、茹でた状態のそばや、冷凍した状態のそばがあります。

ゆでたものは「ゆでそば」冷凍したものは「冷凍そば」と表示されています。

ゆでそばはゆでそば

 

結論

「生そば」には、「きそば」「なまそば」2つの読み方がある。

それぞれ違うものを指していて、そば屋さんで食べる打つそばのことを「きそば」。

スーパーなどで売られている生の状態のそばを「なまそば」と呼ぶ。

 

お蕎麦屋さんが、大晦日などに店頭で売る茹でていないそばは、「なまきそば」かもしれません。

 




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

この記事を読まれた方はこちらも読まれています

姉妹サイト

カップ麺を食べつくしたレビュー
カップ麺を次々自腹購入してレビューしていきます。
サラリーマンのオフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ
サラリーマンがオフィス内で食べられる極限まで節約したランチを極めます。
本当は怖い添加物の大辞典
日常の食品の添加物とその危険性をお知らせします。