【大塚製薬】カロリーメイトの賞味期限・消費期限・日持ちについて

栄養補助食品としてだけではなく、保存食として保管している方もおられるでしょう、カロリーメイトについてです。

味も「プレーン味」「チョコレート味」「フルーツ味」「メープル味」「チーズ味」など色々楽しめます。




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

カロリーメイトについて

大塚製薬のカロリーメイトはあまりにも有名です。

カロリーメイトの賞味期限

2個入りと、4個入りがあります。

画像は2個入りです。

 

こちらが4本入り。

カロリーメイト4本入り

 

価格は2個入りで約100円、4個入りで約200円です。

カロリーメイトの価格

 

1つの袋に2本入っています。

2本入りだと1袋、4本入りだと2袋が箱に入っています。

カロリーメイトの賞味期限

 

 

カロリーメイトの賞味期限

カロリーメイトの賞味期限:1年間

カロリーメイトの賞味期限は製造から1年間です。

日持ちすると言えば日持ちします。

だから、保存食としても人気なのでしょうね。
カロリーメイトの賞味期限

 

4紺入りの方はここに賞味期限が書かれています。

カロリーメイトの賞味期限

あわせて読みたい情報(それぞれ別窓で開きます)
 賞味期限とは
 消費期限とは
 賞味期限と消費期限の違いについて勘違いが多すぎる件

 

カロリーメイトの消費期限

カロリーメイトの消費期限:1年半くらい?

ここで言う、「カロリーメイトの消費期限」とは、賞味期限を含めていつまで食べられるか、と言うことを示しています。

賞味期限と言えば、「おいしく食べられる期間」なので、これを過ぎても食べることはできます。

 

いつまで食べられるかは、保存している環境によります。

湿気が多いとカロリーメイトが水分を吸って劣化が早くなってしまいます。

カロリーメイトの保有水分量は、公式で発表されていませんが、10%未満と思われます。

保有水分量が少ないほど長期保存がしやすいです。

 

長期保存ができると言われる乾パンの保有水分量が5%くらいです。

それよりも水分量が多いので、カロリーメイトは食べやすく、おいしく食べられます。

それでいて、長期保存ができるのです。

 





スポンサーリンク



カロリーメイトは常温保存できるか

カロリーメイトは常温保存可能です。

カロリーメイトは常温保存できます。

保存場所として、棚などに置いて保管たらいいでしょう。

机の引き出しの中でもいいので、オフィスなどでも保管できます。

 

 

カロリーメイトの冷蔵保存の場合

カロリーメイトは冷蔵保存に向きません

カロリーメイトは冷蔵保存に向きません。

冷蔵庫は思った以上に水分が多いのです。

カロリーメイトは包装によって水分を吸わないようにできていますが、完全に吸わないわけではありません。

わざわざ冷蔵庫で保管するのは適していません。

 

 

カロリーメイトの冷凍保存の場合

カロリーメイトは冷凍保存には向きません

カロリーメイトは冷凍保存には向きません。

・・・と言うのも、カロリーメイトは保有水分量が少ないです。

そのため、冷凍しても凍らないのです。

 

冷凍しても「冷たいカロリーメイト」にしかなりません。

日持ちするようになるわけではないので、冷たいカロリーメイトが好きな人が好みで冷凍するくらいしかメリットがありません。

 

 

カロリーメイトをおいしく食べる方法

カロリーメイトをおいしく食べる方法として考えられるのは、コーヒーです。

 

カロリーメイトは、保有水分量が少ないので、食べたらどうしても口の中がパサパサになってしまいます。

その時に水分補給をするとして、水では物足りません。

そこで考えたいのがコーヒーです。

 

ジュースでもいいのですが、甘いのは好みが出てしまいます。

コーヒーは落ち着いて飲む印象もあるので、割と合うんです。

コーヒーとカロリーメイト、ぜひ一度試してみてください。

 

 

個人的には、コーヒーと会うカロリーメイトの味は、「プレーン味」「チョコレート味」かな、と思います。

ここは個人的な感覚が影響しますので、あなたの最適な味を見つけてみてください。

 

まとめ

カロリーメイトの賞味期限、賞味期限:1年間【常温保存】

カロリーメイトの賞味期限、消費期限:1年半【冷蔵保存】

 

   

この記事も注目されています♪



スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ