【東京みやげ】羽田限定!彩鳳ジャンボシュウマイの賞味期限・消費期限・日持ちについて

1963年、旧羽田空港ターミナルに高級中華料理店「彩鳳(さいほう)」というお店があったと言います。

そのでの人気メニューがおみやげになったのです。

東京でシュウマイと言うと、崎陽軒のシウマイと言う方もおられますが、あれは横浜。

東京には東京のシュウマイがあったのです。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

崎陽軒のシウマイについてはこちらです。

  崎陽軒(きようけん)のシウマイの賞味期限・消費期限・日持ちについて

これはこれで東京出張の際は買ってしまいます^^

 

彩鳳(さいほう)のジャンボ焼売

東京みやげとして48年になると言います。

これは定番と言わざるを得ないでしょう。

彩鳳の焼売

 

彩鳳の焼売の味の食べ方

彩鳳のジャンボ焼売の食べ方、と言うか、調理方法です。

蒸し器で蒸すか、電子レンジでチンで良いみたいです。

彩鳳の焼売は電子レンジOK

 

箱は大きいのですが、焼売は8個しか入っていません。

いかに焼売が大きいか分かります。

冷蔵でお皿に移しただけでは、いかにも冷蔵です、って感じです。

レンジでチンするだけでおいしそうになります。

 

彩鳳の焼売はおいしい

 

 

彩鳳の焼売の味のレビュー

からしを添えて、ポン酢を準備して食べました。

 

粗挽き肉の肉汁が良いですね~。

プリプリの海老もすごい。

焼売にしては大きい海老です。

食べたらわかるブラックペッパー!!

 

食べた瞬間感想を言ったら、周囲から「ブラックペッパー!?」とツッコまれました。

原材料名の欄を見てもブラックペッパーってないんですよね。

でも、絶対使ってる!

 

ホームページを見たら「黒コショウ」って書いてありました^^

ネットで調べてみると、2011年にフジテレビの「もしもツアーズ」で取り上げられたこともわかりました。

 

彩鳳の焼売の賞味期限

彩鳳の焼売の賞味期限は、1週間みたいです。

 

消費期限ではなく、賞味期限なので、ちょっとくらい過ぎても大丈夫と言えます。

ただし、10度以下で保存しましょう。

おみやげ物らしく、ある程度日持ちしますね。

彩鳳の焼売の作り方

 

彩鳳の焼売が買える場所

彩鳳の焼売が買える場所は、意外と知らない方が多いようです。

 

羽田空港の中でも、以下の2か所しかありません。

第1旅客ターミナルビル2階 出発ロビー「ランチボックス」

羽田空港  第1旅客ターミナル2F  出発ゲートラウンジ北

 

第2旅客ターミナルビル2階 出発ロビー「アーツデリ」

羽田空港  第2旅客ターミナル2F  出発ロビー

 

ちなみに、どちらも価格は以下です。

8個 920円、12個1230円、16個1530円

 

4人家族くらいならば、8個くらいで良いと思います。

メインのおかずにするのならば、思い切って16個入りを買う必要があると思います。

 

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ