揚げ春巻きの賞味期限・消費期限・日持ちについて

春巻きと言えば、スーパーのお惣菜でもあって手軽に食べられるメニューの一つです。

数本のパック詰めで売られていることが多いので、食べきれないこともあります。

どれくらいまで日持ちするのかと、いい保存方法をお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

揚げ春巻きについて

春巻きと言っても、生春巻き、揚げ春巻きがあります

その他、珍しいところでは、焼春巻きもあるようです。

 

中国、ベトナム、フィリピン、タイ、シンガポール、アメリカ、カナダの春巻き料理があると言います。

それぞれ気になるところですが、ここでは一般的に日本で売られている揚げ春巻きについてお知らせします。

揚げ春巻きの賞味期限

 

揚げ春巻きの賞味期限

揚げ春巻きの賞味期限:1日間

「賞味期限」と言っても、本当は「消費期限」です。

賞味期限・・・美味しく食べられる期間

消費期限・・・安全に食べられる期間

このようなくくりなっています。

揚げ春巻きの消費期限

あわせて読みたい情報(それぞれ別窓で開きます)
 賞味期限とは
 消費期限とは
 賞味期限と消費期限の違いについて勘違いが多すぎる件

 

揚げ春巻きの消費期限

揚げ春巻きの消費期限:1日間

揚げ春巻きは揚げてあるのでそんなに日持ちしません。

基本的に作ったらすぐに食べるので、お総菜などで買ってきた場合は1日程度しか日持ちしません。

 

一番の原因は「油」にあります。

状態よく保存しないと油が参加して劣化を早めるのです。




スポンサーリンク



揚げ春巻きは常温保存できるか

揚げ春巻きは常温保存可能です。

ただし、常温の場合半日~1日くらいが限界です。

お弁当の具になりますが、昼に食べきれなかったものを夜食べるのは季節によっては危険です。

 

お弁当などに入れる場合は、お弁当箱に詰める過程で、お弁当箱の下に保冷剤を置いておき、冷やしながら詰めていくと劣化がおさえられます。

1つあると何度も使えるので、少しいい保冷剤を持っていると日々のお弁当作りに助かります。

 

揚げ春巻きの冷蔵保存の場合

揚げ春巻きは冷蔵保存可能です。

調理済みの揚げ春巻きは、粗熱を取って冷蔵保存するのが基本です。

揚げたてを冷蔵庫に入れると、冷蔵庫全体の温度が上がるのでお勧めできません。

 

揚げ春巻きの冷凍保存の場合

揚げ春巻きは冷凍保存に向きません。

揚げ春巻きは冷凍可能ですが、一度挙げたものを再び冷凍するのはお勧めできません。

通販などで販売されている物は、揚げていない状態で冷凍している物が多いです。

 

揚げた状態で冷凍している物は、専用の業務用冷凍庫で急速冷凍しています。

調理済みの揚げ春巻きは、家庭用の冷凍庫で冷凍したら劣化してしまいます。

解凍しても劣化してしまっています。

 

揚げ春巻きをおいしく食べる方法

揚げ春巻きを美味しく食べるためには、なんといっても温かい状態がおいしいです。

お総菜などで買ってきたものは、電子レンジで温めるだけで美味しくなります。

美味しい揚げ春巻き

ひと手間かけたい場合は、電子レンジでチンした後、トースターに入れて熱することで表面のパリパリ感がよみがえります。

また、余計な油も少しですが、落ちて身体にも良いと言えます。

 

まとめ

揚げ春巻きの賞味期限、賞味期限:1日間【常温保存】

揚げ春巻きの賞味期限、消費期限:1日間【冷蔵保存】

 




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

姉妹サイト

カップ麺を食べつくしたレビュー
カップ麺を次々自腹購入してレビューしていきます。
サラリーマンのオフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ
サラリーマンがオフィス内で食べられる極限まで節約したランチを極めます。
本当は怖い添加物の大辞典
日常の食品の添加物とその危険性をお知らせします。