【コンビニのサンドイッチの賞味期限(消費期限)】具によって賞味期限は違うのか?

サンドイッチの賞味期限(消費期限)は話が簡単です。

ラベルを見たら賞味期限(消費期限)は書かれているのです。

買った日と賞味期限(消費期限)を比較すればすぐにわかります。

ただ、具によって賞味期限が違うのか、どうなのか、調査しました。

スポンサーリンク

コンビニのサンドイッチの賞味期限(消費期限)

コンビニのサンドイッチの場合は、長期保存できないみたいです。

サンドイッチの賞味期限

※購入は2018年7月23日

 

5日以内に寿命を迎える場合「賞味期限」ではなく、「消費期限」が表示されます。

サンドイッチの消費期限は1日間。

 

たまごとハム

サンドイッチの具は「たまごとハム」です。

ちなみに、ファミリーマートで購入しました。

サンドイッチの消費期限

買ったので当然食べてみます。

サンドイッチの賞味期限

割とハムがたくさん入っています。

食べごたえもあります。

コンビニと言えど、侮れない時代になっているのです。

 

日持ちするように使われているものを見てみます。

スポンサーリンク

サンドイッチの賞味期限

ph調整剤、酸化防止剤(V.C)くらいでしょうか。

ph調整剤とは、「ペーハー」と言う酸性かアルカリ性かを示す値の調整のことみたいです。

基本的に酸化(劣化)を防止しますが、比較的緩やかな効果のものです。

 

次の、酸化防止剤(V.C)とはビタミンCのことで、健康食品にも使われています。

ビタミンCは酸化を防止するので、食材が日持ちするようになります。

こちらも、無いよりはまし、と言う程度の緩やかな効果のものです。

 

あまり強い添加物は怖いです。

緩やかな効果のものだけ使われていて、日持ちは1日と言うことです。

 

ミックスサンド

今度はミックスサンドです。

ツナマヨネーズ、サラダ、チーズ、たまご、ハムと色々入っています。

たまごサンドの賞味期限

 

消費期限は、やはり1日間。

たまごサンド

※購入は2018年7月28日

 

具材の種類には影響がないようです。

使われている材料を見ても、特に違いがないようです。

 

今回はファミリーマートのサンドイッチについて調査しましたが、そのほか、セブンイレブン、ローソンなども調査します。

 

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった

スポンサーリンク
今のあなたにおすすめの記事