【卵の賞味期限】たまごは夏場16日間、冬場は27日も持つ驚き

たまごは季節によって賞味期限が変わります。

夏場は採卵日から16日間です。

冬場の日持ちは57日も日持ちします。

 

スポンサーリンク

 

たまごの賞味期限

たまごは、賞味期限(=美味しく食べられる期限)、消費期限(=安全に食べられる期限)でいうと、前者の「賞味期限」です。

夏場は熱いので賞味期限は短くなります。

 

夏場は、採卵日から16日間です。

冬場は、温度が低いので、採卵日から57日間も日持ちします。

春と秋は、25日間です。

たまごの賞味期限

スポンサーリンク

 

たまごのパックに記載がある賞味期限は、1年中夏場を基準にして約2週間後の日付が記載されています。

 

条件として「生で食べる」ことなので、加熱したらもっと長期間食べられます。

海外などは、加熱して食べることが常識なので、たまごの賞味期限が6か月になっている国もあるほどです。

意外にもたまごは、長期保存できる食品だったのです。

賞味期限が過ぎても、たまごは捨てないでください。

 

たまごの賞味期限について詳しくはこちらです。

 

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった

スポンサーリンク
今のあなたにおすすめの記事