【明治ミルクチョコレート】チョコレートの賞味期限

チョコレートって永遠に持つんじゃないかと過信してしまいそうです。

チョコレートの賞味期限について、明治ミルクチョコレートを例にしてお知らせします。

スポンサーリンク





チョコレートの賞味期限

チョコレートの賞味期限は、1年間です。

明治ミルクチョコレートの賞味期限をチェックしても、1年くらい先の日付が記載してあるはずです。

明治ミルクチョコレートの賞味期限

 

賞味期限の記載位置はここです。

明治ミルクチョコレートの賞味期限

 

賞味期限が十分長いときは、「年/月/日」表示の必要はなく、「年/月」表示が法律により許可されています。

 

ここでちょっと注意が必要なのは、チョコレートは材料によって、種類によって賞味期限が違う、という事。

生チョコレートなどは、生クリームがたっぷり使われているので、賞味期限は2週間くらいのものが多いです。

 

森永ミルクチョコレートを例に、原材料名を見てみると、特に長期保存させるための保存料的なものは入っていません。

ミルクチョコレートの保存料

チョコレートそのものは、元々比較日持ちするものと考えて良いようです。

 

チョコレートの保存性

雪山などで山小屋に取り残されたときの最後の食糧がチョコレート・・・みたいなのは、ドラマや漫画で見ますが、実際はどうでしょう?

 

氷点下になるような本格的な登山の場合、多くの食材が凍ってしまいます。

また、登山に数日かかるような場合は、生鮮食料品によってはダメになってしまいます。

その点、チョコレートは凍っても、固くならないですし、劣化もほとんどありません。

小さくて、カロリーも豊富で、保存食としては適していると言えます。

 

逆に、一般的なチョコレートは28度で溶けやすくなってきますので、夏の登山だと溶けてしまうかもしれませんね。

 

食べ残したチョコレートの保存

最近のチョコレートは、板チョコじゃなくて、小分けしてあるものが多いように感じます。

チョコレートの保存

 

これまで、カカオの価格が上昇しても、各メーカーは板チョコの大きさを変えないようにしてきました。

その代わり、厚さを薄くして材料費の高騰に対処してきたのです。

 

最近では、それでは追い付かなくなってしまったのもあるでしょう。

あと、オフィスや自動車内で1枚丸まんまの板チョコは食べにくい、と言うのがあるのでしょう。

小分けして、個包装したチョコレートが多いようです。

(もちろん、従来の板チョコも販売されています。)

 

食べかけ、と言っても、まだ開封していないチョコレートだけを保存しておけばOKです。

冷蔵庫で保存したら、固くなり、カリッとした歯ごたえになります。

常温での保存も可能です。

包装には、「28℃以下の涼しい場所で保存してください。」と記載があります。

 

28度が涼しいのかどうか、分かりませんが、ミルクチョコレートはそのくらいまでは柔らかくはなるけれど、ドロドロに溶ける程は行かない温度と言えます。

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった




スポンサーリンク


今のあなたにおすすめの記事