ゴーヤチャンプルーの賞味期限・消費期限・日持ちについて

ゴーヤチャンプルーは、沖縄起源の家庭料理ですが、今や全国区の市民権を得ています。

作りすぎてしまった時など、賞味期限、どれくらい日持ちするかが気になります。

こちらでお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

ゴーヤチャンプルーとは

ゴーヤチャンプルーとは、野菜や豆腐などを炒めた沖縄料理です。

チャンプルーとは沖縄方言で「混ぜこぜにしたもの」というような意味です。

野菜や豆腐に限らず、さまざまな材料を一緒にして炒め合わせたものをチャンプルーと呼びます。

特に、ゴーヤを使ったものは「ゴーヤチャンプルー」と呼びます。

ゴーヤチャンプルーと言えば

ゴーヤチャンプルーの賞味期限

ゴーヤチャンプルーの賞味期限:半日【常温保存】

ゴーヤチャンプルーは、一般的なお惣菜と同様に、賞味期限は半日程度です。

基本的に熱々の状態で食べるのが一番おいしいです。

ゴーヤチャンプルーの賞味期限

 ゴーヤ(郷陽)ニガウリ(苦瓜)ツルレイシ(蔓茘枝)の賞味期限・消費期限・日持ちについて

ゴーヤチャンプルーの消費期限

ゴーヤチャンプルーの消費期限:1日~2日

ゴーヤチャンプルーの消費期限は、1日~2日でしょう。





スポンサーリンク



一番劣化が早いのは、玉子部分となりますので、半熟にせず、完全に火を通すようにしてください。

ゴーヤチャンプルーの消費期限

ゴーヤチャンプルーは常温保存できるか

ゴーヤチャンプルーは常温保存可能です。

ゴーヤチャンプルーは常温保存可能です。

常温保存の場合、半日程度日持ちします。

その時は、直射日光を避けて保管してください。

ゴーヤチャンプルーの保存方法

ゴーヤチャンプルーは冷蔵保存できるか

ゴーヤチャンプルーは冷蔵保存可能です。

ゴーヤチャンプルーは冷蔵保存可能です。

ゴーヤチャンプルーの保存方法

食べる時に、電子レンジなどで再加熱することでおいしく食べることが可能です。

ゴーヤチャンプルーは冷凍保存できるか

ゴーヤチャンプルーは冷凍保存可能です。

ゴーヤチャンプルーは冷凍保存可能です。

一度過熱している料理なので、基本的に長期保存はできませんが、どうしても保存しないといけない場合は冷凍保存が一番日持ちします。

解凍後は冷凍前と同じ状態にはなりません。

おいしさを保つためには冷蔵保存をお勧めします。

ゴーヤチャンプルーの日持ち

ゴーヤチャンプルーが腐っているかの判断

ゴーヤチャンプルーが腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

酸っぱい臭いや異臭がする場合は悪くなってしまっています。

苦みや酸っぱい味がしたら既に悪くなってしまっています。

見た目

ゴーヤチャンプルーは、見た目で劣化を判断するのは難しいです。

カビが生えていたり、糸を引いていたり、しているときは既にかなり悪くなっている状態と言えます。

 

ゴーヤチャンプルーをおいしく食べる方法

ゴーヤチャンプルーをおいしく食べる方法の一つとして、豆腐の水分を抜くことです。

本来、ゴーヤチャンプルーは、水抜きした豆腐を使うのではなく、「島豆腐」と言う特別な豆腐を使います。

通常の豆腐と比重から違うので持つとずっしりした印象を持つでしょう。

その島豆腐を使ってゴーヤチャンプルーを作るだけでずいぶんおいしくできます。

 

まとめ

ゴーヤチャンプルーの賞味期限:半日【常温保存】
ゴーヤチャンプルーの消費期限:1日~2日

 

ゴーヤチャンプルーは、基本的な食材として、ゴーヤ、豆腐、くらいです。

多くの場合、たまご、ベーコンなどを加えることがあります。

ゴーヤの綿を取ってから作ると、苦みを抑えたチャンプルーになります。

 

ゴーヤチャンプルーは、色々なものを入れて作ってOKな料理です。

島豆腐を使って作るとおいしく作ることができます。

さまざまな材料を一緒にして炒め合わせたものをチャンプルーと呼びます。

   

この記事も注目されています♪



スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ