ハンバーグの賞味期限・消費期限・日持ちについて

大人も子供大好きなハンバーグ!

ひき肉はスーパーでも安売りをしている時が多く、そんな時はハンバーグにして作り置きをすると食費の節約になります。

しかし、ひき肉は腐りやすいので、上手く保存しないと、短時間で悪くなってしまいます。

今回はハンバーグの上手な保存の仕方をご紹介します。

 

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ




この記事も注目されています♪


 

ハンバーグの賞味期限

ハンバーグの賞味期限:半日【常温】
ハンバーグは常温保存であれば、通常は半日程度であれば問題がありません。

ただし、ハンバーグは芯までしっかり火を通していないと、食中毒の可能性が高まるので注意をしましょう。

夏場などの気温が高い時期は、常温保存は傷みやすい。

すぐに食べないのであれば冷蔵しておくのがおススメです。

ハンバーグの賞味期限

ハンバーグの消費期限

ハンバーグの消費期限:2~3日程度日【冷蔵】
ハンバーグをすぐに食べない時には、削熱を取ってから冷蔵保存しましょう。

冷蔵保存は常温保存よりも、長期の保存が可能です。

しかし、長期のハンバーグの保存は、肉汁が出てしまい、旨みが抜けやすいのがデメリットです。

ハンバーグの消費期限





スポンサーリンク



ハンバーグは常温保存できるか

ハンバーグは常温保存可能です。

 

ハンバーグを常温保存する場合は、出来るだけ冷所で保管するようにしましょう。
通常、半日程度であれば美味しく食べることができます。
しかし、夏場など気温が高く、菌の繁殖がしやすい時期は、冷蔵した方が無難です。

ハンバーグの保存方法

ハンバーグの冷蔵保存

ハンバーグは冷蔵保存可能です。

 

ハンバーグは冷蔵で保存すれば2、3日程度は持ちますが、長期の保存には向きません。
ハンバーグを大量に作ってしまい、食べ切れない時には、冷凍してしまったほうが安心です。

ハンバーグの冷蔵保存

ハンバーグの冷凍保存

ハンバーグは冷凍保存可能です。

 

ハンバーグは冷凍保存だったら1か月程度はもちます。
ただし、冷凍したハンバーグは、肉がパサパサしてしまい、あまりおいしくありません。
特に分厚いハンバーグの場合は、中身まで温めるのも大変です。
そのため、ハンバーグは自然解凍をしてから、レンジで加熱する方がおススメです。

ハンバーグの冷凍方法

ハンバーグが腐っているかの判断

ハンバーグが腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

鼻を近づけると酸っぱい臭いがします。

酸味が強くなります。

見た目

カビが生えたり、糸を引くようになります。

 

ハンバーグはちょっとくらいの劣化は、見た目だけではわかりにくいです。
しかし、ハンバーグを割ってみて、中身を見てみると、嫌な臭いがしたりするのでわかりやすいです。

「賞味期限」切れの場合は問題なく食べることが出来ます。
「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

ハンバーグをおいしく

ハンバーグは何と言っても焼きたてがおいしいです。

「じゅー」と言う音も料理のうち。

 

ハンバーグのまとめ

ハンバーグの賞味期限:半日【常温】
ハンバーグの消費期限:2、3日程度日【冷蔵】

ハンバーグは焼いてあるものと、生の状態では賞味期限や消費期限が違ってきます。
焼いたハンバーグの方が、賞味期限・消費期限が共に長くなります。
ハンバーグは、肉の中でも比較的に腐りやすいひき肉を使っているので、生の保存の場合は劣化が早いので注意をしましょう。
時間が経過したハンバーグは肉汁と共に旨みが抜けてしまいますので、早めの消費がおすすめです。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ