鶏肉の賞味期限・消費期限・日持ちについて

鶏肉はタンパク質やビタミンB群が豊富です。

おまけに低カロリーで女性にとっては嬉しい食材です。

価格も安定していて、安くておいしいのが魅力です。

今回はそんな鶏肉の保存について調査してみました。

 

スポンサードリンク






この記事も注目されています♪


 

鶏肉の賞味期限

鶏肉の賞味期限:1~2日【冷蔵】

 

鶏肉は肉類の中でも、特に腐りやすいです。

そのため、冷蔵では長期保存は出来ません。

食べるまでの期間が3日以上ある場合は、冷凍にしてしまったほうが安全です。

鶏肉の賞味期限

鶏肉の消費期限

鶏肉の消費期限:2~3週間【冷凍】

 

鶏肉は冷凍すると長期保存が可能です。

しかし、長時間冷凍すると、鶏肉は冷凍臭くなったり、味も落ちます。

そのため、いくら鶏肉が冷凍保存できると言っても、2、3週間くらいを目途に消費するのがおすすめです。





スポンサーリンク



鶏肉の消費期限

鶏肉は常温保存できるか

鶏肉は常温保存可能です。

 

鶏肉は腐りやすいので、常温に出すのは調理の30分くらい前にしましょう。

全体的に均一に火を通したい時には、焼く直前に常温に戻します。

 

特に、鶏肉は部分によって肉が盛り上がっている部分があります。

そのため、均一に肉の厚さを整えて常温に戻さないと、中が生焼けになってしまうことがあります。

ささみ肉の賞味期限

鶏肉の冷蔵保存

鶏肉は冷蔵保存可能です。

 

鶏肉は購入したら、出来るだけ早く冷蔵することをおススメします。

1日や2日で食べる予定があるのであれば冷蔵保存で大丈夫です。

ただし、スーパーの見切り品など、鮮度が明らかに落ちている場合は、更に劣化が早いので要注意です。

鶏肉の保存方法

 

鶏肉の冷凍保存

鶏肉は冷凍保存可能です。

 

鶏肉を大量にまとめ買いしてしまった時や、食べるまでの期間が長い場合は冷蔵保存が最適です。

3日以上使わない場合は、すぐに冷凍してしまうのがおすすめです。

また、冷凍する際に、鶏肉を味付けしてしまうと、更に保存がききます。

鶏肉の保存方法

 

鶏肉が腐っているかの判断

鶏肉が腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

酸味が出てきます。

酸味があります。

見た目

白カビが出てきて、ねばねばしている。

 

鶏肉は腐るとお酒で揉みこんでも消せないほどの嫌な臭いがします。

見た目も白カビやねばねばした液体が出てくるので、一目でわかります。

 

「賞味期限」切れの場合は問題なく食べることが出来ます。

「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

 

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。

ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

 

鶏肉をおいしく

鶏肉は、焼いても、煮ても、揚げてもおいしいですし、価格も安いので、一般家庭の強い味方です。

なかでも、唐揚げは、子供から大人まで大好きです。

 

日本で最もと鶏肉を消費しているのは、大分だと言われています。

大分県は、唐揚げ大国です。

唐揚げ専門店と言うものが存在し、多数あります。

そんなお店の味が家庭でも食べられるので、冷凍の通販も良いと思います。

 

鶏肉のまとめ

鶏肉の賞味期限:1~2日【冷蔵】
鶏肉の消費期限:2~3週間【冷凍】

 

鶏肉は購入当日、もしくは翌日に使用する予定がない場合は、冷凍にしてしまう方が安心です。

消費期限が迫っているようなサービス品は、特に腐りやすいので、当日消費してしまう方が無難です。

鮮度の悪い鶏肉を冷凍しても、味が悪くなってしまいます。
冷凍は長期保存には便利ですが、冷凍焼けや冷凍臭さが残る可能性があります。

冷凍保存であっても、2~3週間くらいで食べてしまう方が美味しく食べられます。

レンジによる解凍は、ドリップ(肉汁)が多くと旨みが抜けてしまいます。

そのため、鶏肉を解凍する時には、前日から冷蔵庫に移しておき、時間をかけて戻しましょう。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ