意外に高い「あれ」を最安値にして家計を助ける裏技

なんとなく流されて今年も同じところを使ってしまい、意外な出費になっているあれ。

今年はちょっとだけ見直して最安値にして家計を助けてみませんか!?

実は、全く努力など必要なく年間で1万円以上安くなるんです!

 

その「あれ」とは・・・

スポンサードリンク






この記事も注目されています♪


「自動車保険」です。

 

あなたのお宅では自動車保険に年間いくら使っているか把握していますか?

我が家にもそろそろ更新の時が来たのですが、随分切り詰めたと思ていた保険料はまだまだ安くなることが判明!

 

安くなる秘密は「代理店」を通さないこと。

代理店とは・・・要するに営業の人です。あなたに自動車保険を勧めた営業マンがいるはずです。

その人のマージン(手数料)が入っているのです。

事故ったときにこの代理店は特に何かをしてくれるわけではありません。

 

じゃあ、その分をカットすることで保険代は安くなりますよね!

 

まとめて見積もりをもらって比較する

ネットを使ってまとめて複数社見積もりがとれるのです。

しかも、煩わしい営業の電話など一切ありません。

 

⇒ 自動車保険は比較で安くなる!

 

インズウェブ

実際に見積もりを依頼してみた

まず、我が家は元々ネット保険にしているので、十分安いことをお知らせしておきます。

更新費用は、3万2330円か3万4310円で内容がちょっとだけ違うみたいです。

3万2330円の方をベースに考えましょう。

更新の費用

 

今回は、インズウェブで見積もりを取りました。

最大20社から見積もりがとれるそうですが、実際は3社~8社くらいから見積もりが届くみたいです。



自動車保険のインズウェブ

 

5分もせずに結果が出ます。

現在の自動車保険の保険証券を準備するか、自分の自動車に行ってナンバーと車種を確認してから始めると円滑です。

私の場合は、3社から見積もりがとれました。

自動車保険の見積もり結果

大人の自動車保険の見積もり結果・・・1万9240円

大人の自動車保険の見積もり結果

 

SBI損保・・・1万8940円

SBI損保の見積もり結果

 

チューリッヒ・・・1万5050円

チューリッヒの見積もり結果

 

元々の更新は3万2千円くらいでした。

更新見積もりは3社から出てきて、内容はそれぞれちょっと違うもののほぼ同じ。

金額は、1万9000円1万9千円1万5千円と一番安いものだと半額と言う結果に!

 

変える、変えないはこの結果を見てからでもいいのでは!?

結果は郵送でも送ってきてくれますが、すぐに今見れるので煩わしさがありません。

 

どんな作業があるのか!?

では、見積もり取得にどれほどの手間がかかるのか?

実際に見積もりを取ったときの様子をお知らせします。

 

ますは、インズウェブに申し込みます。
無料の自動車保険一括見積もりサービス







スポンサーリンク



上記のリンクからページに移動するとこのようなページに。

中央の「一括見積もりへ」をクリックします。

自動車保険のインズウェブ

 

初年度登録(いつ買ったか)とか、メーカーや車名を選ぶ。

車種などを入力

現在自動車保険に入っているかどうかを選択。

保険に入っているかどうか

ナンバーを入力します。

ナンバーを入力

 

自分の名前などの入力。

名前や住所の入力

 

住所など入力。

住所など入力

 

保険の内容を決めます。

基本的に確認するだけで、入力することはなくていいと思います。

保険内容の確認

 

はい、もう終わりです。

自動車保険の見積もり結果

 

すぐに結果は見れます。

ぜひやってみてください。

 

⇒ 無料の自動車保険一括見積もりサービス

 

保障などが減るとかではなく、無駄な中間マージンをカットして、自動車保険の保険料を安くしましょう。

今回の例では最大で1万7千円くらい安くなりました。

何も考えずに更新したら3万2千円くらいだったわけです。

見積もり依頼をしてみない手はないと思います。

更新の2か月前くらいから見積もり依頼ができるそうです。

 

浮いた1万7千円で何を食べに行きましょうか?(^^



 

ちなみに・・・

複数回見積もりを取ると違う条件で届くみたいです。

大人の自動車保険

例として「大人の自動車保険」です。

2万3650円

大人の自動車保険

 

こっちは条件が違って、1万9240円

大人の自動車保険

車両保険の金額や条件が違うみたいです。

それによって、保険料も変わります。

ご自身の都合でカスタマイズすることができます。

 

こっちでも一括見積もりがとれます。

比較.comの自動車保険一括見積もり!【無料】

ここに注意!

それぞれから届く見積もりはかなり安く出る訳ですが、微妙に条件が違っています。

 

例えば、

  • 車両保険が付いていない
  • 車両保険の金額が違う
  • 弁護士特約が付いている

などです。

 

それぞれを合わせて比較してみました。

損害保険会社 年間保険料
三井ダイレクト損保 32,330円
SBI損保 26,670円
おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険) 20,660円
イーデザイン損保 20,240円

 

現在加入しているのは、三井ダイレクトです。

更新料を見たら、32,330円。

 

他を見ると、2万円台です。

一番安いものと比較すると1万2000円も安くなっています!

これは見逃せませんね。

 

 

お勧めの一括見積取得サービス

  インズウェブ

⇒ 無料の自動車保険一括見積もりサービス

  ウェブクルー

⇒ 保険スクエアbang!/自動車保険
  比較.com

⇒ 比較.comの自動車保険一括見積もり!【無料】

3社それぞれ同様のサービスを提供しているようです。

個人的には、「インズウェブ」がお勧めです。

特別プランもあるみたいですので。

 

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ