【おいしいたまご料理】特別なたまご焼きの作り方

たまご焼きはゆでたまごと同様に人気のたまご料理と言えば、たまご焼きです。

ここでは「特別なたまご焼き」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

たまご焼きの作り方

まずは、通常のたまご焼きの作り方をお知らせします。

基本的に、たまごをボウルなどに割り入れ、かき混ぜます。

そこに、調味料を入れまぜたら、熱したフライパンに油をひいて、たまごと調味料を混ぜたものを注ぎ、中火から弱火で焼きます。

火が入ったら完成です。

たまご焼きの作り方

 

ちなみに、生たまごの賞味期限が切れそう、もしくは、切れたからと言って、火を入れてたまご焼きにしようと考える方がおられます。

生たまごの賞味期限は、意外と長く実は60日近くあります。

ただし、表示上は約2週間になっていることが多いので、賞味期限から大きく過ぎていなければ、普通に生でも食べることができる可能性が高いです。

保存状態によっても生で食べられる期間は変わってくるのでこちらもご確認ください。

 

[colored_box color="green" corner="r"]

[icon image="arrow2-r"] 生たまご(鶏卵の生たまご)賞味期限・消費期限・日持ちについて

[icon image="arrow2-r"] 生たまご(鶏卵の生たまご)の賞味期限・消費期限について

[/colored_box]

 

 

スポンサーリンク

特別な卵焼きの作り方

特別な卵焼きの作り方は、基本的に普通のたまご焼きと作り方は同じです。

 

ただし、たまごと調味料を混ぜたあと、これを使います。

スポンサーリンク


泡立て器とか、ブレンダーとか、電動ハンドミキサーとか、色々な名称があります。

 

割ったたまごをかき混ぜるとき、泡だて器を使うとたまご液はふわふわになります。

例えるのならば、メレンゲのような状態になります。

メレンゲたまご焼き

 

この泡を崩さないように焼くと、ふわっふわのたまご焼きになります。

甘めのたまご焼きにしたら、スイーツの様なものになるほどです。

 

通常たまご焼きには、たまごを2個~3個使いますが、このふわっふわのたまご焼きの場合、たまご1個でも作ることが可能です。

たまごの食べ過ぎを嫌う方にはいい方法かもしれません。

 

ただし、「たまごは1日1個」と言うのは間違った認識だったと最近では言われています。

あまり気にする必要はありません。

[colored_box color="green" corner="r"]

[icon image="arrow2-r"] 【たまごの栄養】たまごは1日に1個まで・・・は嘘だった

[/colored_box]

 

作り方は非常に簡単で、注意点は泡をつぶさないように焼くことと火加減くらいです。

是非試してみてください。

 

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった

スポンサーリンク
今のあなたにおすすめの記事