あさりは冷蔵庫でどれくらい日持ちするのか

あさりの旬は、春と秋。

春は、2月~4月ごろ、秋は、9月~10月ごろが、旬であさりのおいしい時期です。

大量に潮干狩りで取ってきたり、安売りで買ってきた、あさりが家庭でどれくらい日持ちするのかお知らせします。

スポンサーリンク

あさりの保存の準備

あさりは、保存の前にいくつか準備しておく必要があります。

それは、「砂抜き」です。

あさりの砂の抜き方

 

3%の塩水を作ります。

目安として、水1リットルに対して塩30g(大さじ2杯)を入れます。

 

②あさりを、ざるに入れた状態でボウルに入れます。

そこに、①で作った塩水をあさりが浸るくらいまで入れます。

あさりの保存

③布などをボウルにかけて、あさりを暗い状態にして、1~2時間保管します。

 

④最後に、殻をこすりつけて洗うと砂抜きは完了です。

料理に使える状態になりました。

 

あさりの冷蔵保存

あさりは、その日に食べる分は料理してしまいましょう。

あさりの料理

スポンサーリンク

残ったあさりを保存するようにしましょう。

 

あさりの冷蔵保存

あさりを冷蔵保存する場合は、消費期限が3日くらいとお考え下さい。

殻のまま、タッパーなどに入れて冷蔵します。

ハマグリやホタテなどの大きなかいと比べて、あさりは小さく、劣化も早いです。

 

あさりの冷凍保存

あさりは冷凍するとき、殻のまま冷凍するのは色々な意味で不利になります。

解凍しないと殻を開けることができません。

さらに、殻の分目方が多くなり、限られた冷凍庫のスペースが占拠されます。

 

あさりは、下茹でして、身だけ取り出しましょう。

水が沸騰してから、15分煮たてたらOKです。

あさりの身を冷凍保存

解凍した時には、あさりは死んでいるので、砂抜きはできません。

冷凍前に丁寧に砂抜きをしておく必要があります。

冷凍保存は、フリーザーバッグに入れるなどして冷凍すると、後々使いやすいです。

 

あさりをゆでた煮汁は、出汁が出ているので、これはこれで身とは別に保存しましょう。

あさりの出汁の冷凍保存

どちらも、冷凍保存します。

冷凍庫で冷凍したら、身も出汁も約3か月間、日持ちします。

 

出汁は、みそ汁に入れたり、クラムチャウダーなどのスープの隠し味に入れると味に深みが出ます。

カレーに入れても美味しいです。

身は、そのまま食べても美味しいですし、炊き込みご飯にしても美味しいし、パスタの具にしてもおいしいです。

その時は、上の出汁も一緒に使いましょう。

 

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった

スポンサーリンク
今のあなたにおすすめの記事