【チョコの賞味期限】バレンタインの手作りチョコレートはいつ作り、いつまで食べられるのか

バレンタインでもらったチョコレートは、男性としては嬉しさから大事に保管していたりします。

いざ、食べるときに、まだ食べられるのかと気になったりします。

女性は、渡すときに考えていつ作るか検討しないといけません。

愛情と物の寿命は全くの別物です。

こちらでご確認いただき、安心して食べるようにしてください。

 




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

まずは、チョコレートの賞味期限を考える必要性について。

チョコレートの賞味期限を考える必要性

本来チョコレートの賞味期限はかなり長いです。

条件のいいものだと1年となっています。

さらに、1年を超えても食べることができます。

 

  チョコレートの賞味期限・消費期限・日持ちについて
ところが、生クリーム入りの物など賞味期限が、数日しかないものもあります。

この場合、「消期限」となるわけですが。

 

「バレンタインのチョコレートをいつ作るか」と言うのは、女性の間では毎年の悩みの種のようです。

女性の立場としては、バレンタインのチョコレートを渡す日ではなく、男性がチョコレートを食べる日を考慮して作る日を検討する必要があるのです。

そうでないと、最悪の場合、あげたチョコレートで相手の男性がお腹を壊すことも・・・

ポイントとしては「チョコをあげる日」ではなく、「チョコを食べる日」を考慮することと言えます。

バレンタインのチョコレートの賞味期限

 

男性はバレンタインでもらったチョコレートをいつ食べるか

「バレンタインのチョコをいつ食べるか」と言うことを考えてみます。

これは色々な考え方があるので、一概には言えない所が難しいところです。

また、いつ食べるかと言うデータがほとんどありません。

そこで、数年間分「ヤフー知恵袋」での投稿から抽出すると以下のようになりました。

 

  • もらったらすぐに食べる
  • 帰ってから食べる
  • 1週間ほど後で食べる
  • 1か月ほど後でたべる
  • 食べないで保管しておく

 

概ねこのような感じのようです。

それぞれの真理を解説します。

チョコレートをいつ食べるか

 

もらったらすぐに食べる

バレンタインのチョコレートは「プレゼント」の一つです。

もらったら、その場で開けて「もらったときの感想を伝えるのが礼儀」と言う考え方があります。

 

やっぱり女性としては、喜んでいる姿が見たいと言う意見もあります。

ラッピングが凝り過ぎている場合など、その場では開けにくいこともあるようです。

 

帰ってから食べる

もらったことは嬉しいし、すぐに食べたいのだけれど、周囲から冷やかされるのは照れると言う場合、帰ってから食べる場合です。

男性の心理的には、食べた時に、食べた感想を伝えたくなるものです。

でも、その時にはいない。

そう考えると、告白的にチョコレートを渡す場合、LINEやメールアドレスなど連絡先も一緒に渡すことで連絡が来る可能性が高くなるかもしれません。

 

1週間ほど後で食べる

嬉しいので大事に保管しておこうと言う考え方です。

男性としては「後で食べる」と言うパターンです。

「後で」と言うのが具体的に何日後かと言うのは、人によると思いますが、概ね1週間くらいと思われます。

 

もちろん食べたい。

だけど、食べたらなくなってしまう。

そんな心理なのかもしれません。

 

1か月ほど後で食べる

食べたくて食べたくてと考えている場合、1か月間も食べないで保管しておくことはほとんどないでしょう。

プレゼントとしてもらったので、雑には扱えない。

それでも、食べる気はないので置いておいたら、忘れていた、と言う期間になってきます。

 

3月14日にホワイトデーがくるので、この時に返事をしようかと考えるときに、食べる/食べないをもう一度考えるでしょう。

 

食べないで保管しておく

「嬉しすぎて、食べられない」と言いますが、実際に食べないときは、チョコレートをもらった事実だけが嬉しくて、肝心の女性のことが意識から抜けているときと思われます。

バレンタインとチョコレート

 

いつ頃バレンタインのチョコを作るのが良いか

チョコレートは、男性はいつ食べるかまで考慮してチョコレートをいつ作るかを考えると親切です。

男性は、常識的に考えて、もらってから1週間以内に食べると思っていいでしょう。

そうなると、あげるチョコレートの種類によって、作る日を逆算する必要があります。

 

板チョコを溶かして型に流したもの

板チョコは基本的にかなり日持ちします。

賞味期限的には1年間で、それを過ぎても食べることができます。

いつチョコレートを作るかはあまり考慮する必要はなさそうです。

 

板チョコを溶かしてフレーバーを混ぜたもの

板チョコを溶かして、何かしらのフレーバーをまぜる場合、そのフレーバーは水分があると劣化してきます。

例えば、ドライフルーツだとしても、チョコレートよりは含有水分量が多く、ドライフルーツから劣化してきます。

残念なことに、人間が触ると雑菌が付き、買った直後よりも劣化しやすくなるのです。

賞味期限は2週間~1か月程度と考えておいた方が良いでしょう。

 

生クリームを混ぜたもの

チョコレートは生クリームを混ぜたところから、急激に賞味期限が短くなります。

2日~3日程度と考える方が良いでしょう。

チョコレートを包装するときに、一緒にメッセージカードを入れ「生モノなのですぐ食べてください。」など入れておくと余計なトラブルを回避できるでしょう。

 

合わせて、「食べたら感想も聞かせてください。」とLINEなどの連絡先も添えることで返事のある確率は上がると予想できます。

手作りチョコレートとバレンタイン

チョコケーキ

チョコレートケーキは、焼くので日持ちしそうですが、やはり、2日~3日程度と考える方が良いでしょう。

デコレーションに生クリームを使っている場合など、賞味期限を縮めます。

 

まとめ

バレンタインのチョコレートは「いつ食べられるか」を考慮して作る日を考える。

男性は、もらってから1週間以内に食べると考える。

チョコレートケーキや生クリームを混ぜたチョコレートは賞味期限が短いので、メッセージカードを入れて早く食べることを促す。

 




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.