【パックコーヒーの賞味期限】昔ながらの森永珈琲の賞味期限

昔は銭湯で風呂上りに飲んでいたであろう瓶入りのコーヒー牛乳は、現在では紙パックとなって生き残っていました。

その紙パックのコーヒー牛乳の賞味期限についてお知らせします。

スポンサーリンク

昔ながらの森永珈琲の賞味期限

昔ながらの森永珈琲の賞味期限の賞味期限は、工場出荷から15日間となっています。

昔ながらの森永珈琲の賞味期限

 

楽天でも扱っている商品です。

 

賞味期限は、パックの上の方に書かれています。

昔ながらの森永珈琲の賞味期限

出荷日は分からないので、パックの日付を見て判断します。

製造してから寿命まで5日以上あるので「賞味期限」が記載されています。

 

紙パックコーヒー牛乳の現在

昔ながらの「瓶コーヒー牛乳」は、現在紙パックになっていたのです。

スポンサーリンク

 

ちなみに、「乳飲料」となっているので、豆計算で100g中に2.5g以下しかコーヒーは入っていません。

種類 内容量100g中の生豆の量
コーヒー 5g以上
コーヒー飲料 2.5g以上5g以下

「乳飲料」は、この区分からも外れています。

乳飲料は、以下のような区分です。

種類 乳脂肪分 無脂乳固形分
牛乳 3.0%以上 8.0%以上
加工乳 8.0%以上
乳飲料 乳固形分3.0%以上 乳固形分3.0%以上

乳飲料は、コーヒーの量は関係なく、乳固形分3.0%以上であることが条件です。

コーヒーが豆換算で2.5g以上の場合は、「コーヒー飲料」か「コーヒー」と表示されますので、「昔ながらの森永珈琲」は、コーヒー豆は2.5g未満しか使われていないようです。

 

昔ながらの森永珈琲の消費期限

昔ながらの森永珈琲の消費期限は、1日~2日程度と言えます。

一度パックを開けたらそんなに日持ちしません。

賞味期限内であっても、開けた瞬間から劣化が急激に進みます。

それは、大気中の菌に触れるからです。

 

口を付けて飲んだ場合は、6時間程度とお考え下さい。

一度でも口を付けたら、口の中の雑菌がパック内に逆流します。

温度が10度以上で6時間も経過したら、パック内は雑菌が繁殖している可能性があります。

食中毒の原因となりますので、飲むのは控えましょう。

 

保存方法

保存は、冷蔵保存が最適です。

冷凍保存すると、乳脂肪分が分離してしまい、解凍後美味しく飲めません。

コーヒー牛乳の保存方法

要冷蔵で10℃以下で保存してください。

 

⇒ 野菜の農薬気になりませんか!?安全に食べる洗い方があった

スポンサーリンク
今のあなたにおすすめの記事