さやいんげんの賞味期限・消費期限・日持ちについて

さやいんげんは、比較的人気の野菜です。

その一方で、主役と言うよりは、脇役、名脇役の野菜と言えます。

取り扱いに注意すべき特徴があります。

どれくらい日持ちするのかも含めてお知らせします。

スポンサードリンク






さやいんげんは、野菜の中では比較的日持ちする野菜ですが、劣化すると黒ずんできます。

その黒い部分を切り落とさないと他の健康なさやいんげんも黒くさせてしまいます。
黒くなった部分は切り落としたり、1本丸ごとはじいたりしたほうが良いでしょう。

賞味期限

さやいんげんの賞味期限は、約1週間です。

さやいんげんは生鮮食料品なので、収穫から劣化が進みます。

店頭に並ぶまでの流通過程でどれくらい日数がかかっているかわからないので、明確に何日と表現するのは困難です。

さやいんげんの賞味期限

冷凍したら約1か月保管できます。

そのため、冷凍野菜としても販売されています。

 

消費期限

さやいんげんの消費期限は、賞味期限と同じと思って構いません。

生鮮食料品は元々賞味期限の表示義務はありません。

表示義務があるのは「加工品」だけです。

さやいんげんは、生鮮食料品なので賞味期限の表示義務がないのです。





スポンサーリンク



常温保存できるか

さやいんげんは、常温保存可能です。

ただし、劣化が早くまずは黒ずんできます。
黒ずんださやいんげんは、正常なさやいんげんも黒くしていきます。

全体的な劣化は早まりますので、あまりお勧めしません。

いんげんの保存方法

冷蔵保存の場合

さやいんげんは、冷蔵保存が適しています。

冷蔵でも、冷蔵室ではなく、野菜室に保存すると一番温度が適しています。

概ね4度~7度で保存すると一番日持ちします。

これは野菜室の温度帯に合致します。

さやいんげんの保存

冷凍保存の場合

さやいんげんは、冷凍保存可能です。

冷凍すると約1か月日持ちします。

 

さやいんげんは冷凍した商品もおおく便利です。

調理の際は、解凍せず冷凍したまま加熱したほうがおいしく食べられます。

 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

さやいんげんは、生鮮食料品なので、賞味期限がありません。

消費期限を過ぎたらどうなるか

消費期限を迎えると、さやいんげんはまず黒ずんできます。

その後、以下のようになりますので、食べられなくなります。

 

  • 異臭がする
  • ぬめりが出る
  • 糸を引いている
  • カビが生えている
  • くたくたにしぼんでいる

 

 

おいしく食べるには

さやいんげんをおいしく食べるためには、新鮮なうちに茹でて食べるのがおいしく食べるコツです。

冷凍の場合は、下茹でして水分をふき取って冷凍します。

冷凍した場合は、解凍せずそのまま調理したほうがおいし食べられます。

いんげんの調理方法

 

まとめ

さやいんげんの賞味期限は約1週間。

劣化が進むと黒ずんできます。

そのままのしておくと、他の正常ないんげんまで黒くなってくるので、取り除いた方が日持ちします。

 

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ