冷凍ハンバーグの賞味期限と消費期限

スーパーでは湯煎で温めるだけで食べられるハンバーグがあります。
冷凍なので、永遠に食べられそうですが、ありました「賞味期限」。

実際はどれくらい食べられるのか調べてみます。

スポンサーリンク

 

冷凍ハンバーグの賞味期限・消費期限

冷凍ハンバーグの賞味期限/消費期限:1年間

冷凍ハンバーグの賞味期限

画像の商品は、イオン系列のお店で手に入ります。

何と1個88円。

冷凍庫に入れておいて、いざと言う時に食べることができます。

 

賞味期限(=美味しく食べられる期限)と消費期限(=安全に食べらる期限)

開封後はどれくらい日持ちするのか

冷凍ハンバーグは解凍したらできるだけ早く食べる必要があります。

ただ、この商品の場合は、真空パックなので2日~3日くらいは大丈夫と言えます。

冷蔵庫に入れれば(頑張れば)1週間くらいは日持ちすると思いますが、自己責任でお願いします^^

 

スポンサーリンク

冷凍ハンバーグの保存方法

冷凍ハンバーグの保存方法について、常温・冷蔵・冷凍についてお知らせします。

 

冷蔵保存

冷凍ハンバーグは冷蔵保存可能です。

冷蔵庫に保管すれば半日くらいで自然解凍できます。
通常は自然解凍などせず湯煎で加熱すればすぐに食べることができます。

 

冷凍保存

冷凍ハンバーグは冷凍保存可能です。

冷凍ハンバーグは冷凍状態では約1年日持ちします。

冷凍ハンバーグ

スポンサーリンク

袋に賞味期限が書かれています(画像左下)。

 

通常の冷凍食品はー18度以下で保存ですが、これはー15℃以下保存となっているようです。

アイスクリームや冷凍食品などはー18度以下ならば半永久的に食べられるのですが、この商品はー15℃となっているので、賞味期限を1年と設定したようです。

 

冷凍ハンバーグについて

この商品は真空パックしてあるので、湯煎にかけて温めたらすぐに食べられます。

ソースも付いているので、さらに開けるだけでOKです。

ハンバーグの調理

 

実際やってみて思うのですが、先に温めてしまうとソースが包装のフィルムにくっついて少なくなってしまいます。

そこで、先に開封して、お皿にあけて、電子レンジで加熱すると100%の量のソースを使うことができます。

 

裏技的に温める方法として、電気ポットに入れる方法があります。

ポット

 

ポットに冷凍されたハンバーグを入れ、水も入れて、スイッチを入れます。

ハンバーグの加熱

真空パックの冷凍食品ならではと言えます。

ただ、ポットによっては取扱説明書に水以外入れないでくださいと書かれていることがあります。

自己責任で行ってください。

 

電気ポットは1個持っていると便利です。

 

まとめ

冷凍ハンバーグの賞味期限、消費期限:2日~3日間【冷凍を解凍した状態(真空パック未開封)】

スポンサーリンク

冷凍ハンバーグの賞味期限、消費期限:1年間【冷凍保存】